BLOG

弊店ならではのオリジナル製品というものがあります。
例えば、ケーブルスタンド、例えば、革製のケーブルインシュレーター、例えばオリジナルボード
20131117_261539B6C22196-0919-4151-97AE-77FE0EF3E2D1-768x115220140712_645972

そのほか、弊店だけで扱っているというわけでもないのですが、他のお店にはあまりないものとして、イタリアAudelの製品などもありました。残念ながら注力製品は生産終了してしまい、在庫限りになってしまっておりますが・・ <Audel製品
F2B42C1E-19B9-466D-8B06-E45A810CA40B-768x1152

かつての秋葉原時代のことを言えば、Khama、MERLIN、ESPコンサートグランドなどなど・・
当時ほかのお店にはないスピーカーというものがあり、それでこの店なんか面白い・・と足をお運びいただいた時代がありました。
SOUNDCREATEの20年 VOL.1<こちら

ヴィンテージスピーカーもその延長上のところがありますが、現代のスピーカーではしばらくそういうことがありませんでした。
・・が、数日前に「これはもしや・・」というスピーカーが店頭に入ってきています。
2D28E305-6D96-483B-8078-0067167ABF54
外側のスピーカー。
イタリアGold Note(ゴールドノート)のスピーカーA6-EVO。
Gold Note本国サイト

かつてのSonusFaberを彷彿とさせる仕上げもさることながら、その音は、なんとも言えない魅力があります。
響き、広がり、解像度など、現代スピーカーのそれでありますが、それを全部含んだ上での大らかな鳴りは、非常に魅力的。
イタリアの明るさ、ただの能天気というのでもなく歴史的背景による文化的音楽的感性への絶対的自信、
かと思えばスノッブでなく、どこか田舎的、土着的な親密さ、そういうものを含んでいて、
わかりやすい良さは、いい塩梅で肩の力が抜けていて、なかなか。
A6-EVO-2
このスピーカー、サランネット外すとツイーターひとつと、15cmユニットが2つ。
よくあるような2ウェイ3スピーカーか、2.5ウェイかみたいな感じなのですが、実は見えないところに秘密が。
下の内部画像をご覧ください。
1ACA6F01-42C7-4C57-A6FD-1679D98DF65A
このスピーカー、サブウーファーが、内部に隠されております。
上向きに取り付けられた16cmユニットがあり、それが底面の開口部から出るという仕組み。
上の写真で見ると、スピーカーベース部分のサイドに波状の切れ込みがありますが、ここから手を差し入れると、底面の開口部に触れられます。

このスピーカーが、95万円(予価:ペア)。
安くはないけれど、音や仕上げからすると決して高くない・・。
今のところは「ウチにしかない」スピーカー。
毎日エージングしております!
追記 ちなみに、LOUNGEにはこのメーカーのフラッグシップモデルもあり!
(竹田)

コメントは利用できません。