LP12あれこれ

LINN MAJIK LP12をお使いのお客様からご連絡を頂きました。

「レコードの外周でのみパチパチ音がする。」とのこと。詳しいスタッフに相談したところ、おそらくMMカートリッジADIKTのカンチレバーの角度が問題かも?とのこと。

カンチレバーの先端には、レコード針がついていて、この針がレコードの溝を通っていく時の振動(=カンチレバーの振動)を、カンチレバーの根元についたマグネット(これはMMなので、ムービング・マグネット。MCはムービング・コイル)が電気信号に変えます。

カンチレバーの角度、見てみましょう!

まずは、カンチレバー OK画像から。

・・・という具合です。

さて、肝心のお客様のパチパチ音ですが、上記踏まえてご案内したところ、カンチレバーが曲がっているとのこと。

レコードに針を落とす時に、うっかりはねてしまったことが時々あり、それが原因で曲がってしまったと思われます。

カンチレバーが、曲がって更に寝てしまっていると、レコード盤の端の膨らみにADIKTのケースが触ってしまうため、パチパチ音が出ていた様子。

こんな場合は、上の写真のような針の部分だけを取り替える「針交換」ができます。

※ADIKTの針交換 :¥23,100

コメントは利用できません。