Legato店長の一言

連日になりますが、ビル・エバンス「ワルツ・フォー・デビー」のハイレゾについて。
昨日ダウンロードして帰り、今朝早速再生しました。
「どう変わるかな」、とか「どこがどう聴こえるかな」と、イヤラシイ聴き方をしてしまう悪い癖があり、そのような心境で気軽にIPADのプレイボタンをタッチ。
なんというか、これは「タイムスリップ」。
どう聴こえるとかではなくて、ビル・エバンスとスコット・ラファロの掛け合いから始まり・・・
変な話、「『誰』の『何』という『名盤』を聴いてい感動する」というよりも、「今誰かが演奏をしている場所に居合わせて、それがあまりにも素晴らしくて感動している」という感覚。ヴィレッジ・バンガードにタイムスリップした感覚です。
要はピアノのひずんだ感じなど全くなく、ベースはライブで聴くような本来の厚みでにじみが無く、「My Foolish Heart」冒頭部のポール・モチアンのシンバルは何とも柔らかく有機的。
あまりに自然に体に入ってきて、感動して、何が違うかなど忘れていました。
そういえば、この盤でたった1度だけ同じ感覚を持った覚えがあります。
お客様のお宅で、LINNのフラッグシップモデルSONDEK CD12(CDプレーヤーにして¥294万!)、KLIMAX KONTROLと当時のARTIKULAT350A(アンプ内蔵型スピーカー)で聴いた時でした。

Legato店頭でのことなので、LINN SEKRIT DS-IとRFTコーナー型のスピーカー、というシンプルなシステムで聴いてこんなことを思ったのでした。

コメントは利用できません。