Legato店長の一言

さて、ワタシは誰でしょう???

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今日はオシリからの登場で失礼いたしマシタ。
でも中々魅力的な後ろ姿でしょう?
ワタシ、そう旧・東ドイツからはるばら時空を超えてやって参りました「RFT」デス。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

前からチョビチョビ顔は出していたのですが、きちんと紹介してくれなくて・・・。
彼の名はなく、ニックネームは見たままの「鳥かご」。
このユニットは、RFT L6506。
楕円形のパルプコーンのフルレンジユニットで、1960年~1980年代に東ドイツで生産されたそのものです。
当時、ドイツの放送局などで、後面開放型の四角い箱に二基を搭載し鳴らされていたのだそう。
その枠だけに入った音を聴いてびっくりしたサウンドクリエイトのスタッフで、なんか格好よく、音ももっと良くならないものかと、古いステレオ雑誌をひっくり返して、試行錯誤の上作成したうちの一つ。
(とっても可能性を秘めて、イメージ沸かせるユニットで、他にもキャビネットは色々作っていますが、それは本店で!)
キャビは、楢の積層ベニヤで、フロントバッフルも当初のサンプルよりは少し広めに。
内部配線はウェスタンのケーブルを採用。
これも、様々試し一番結果のよかった単線とより線のMIX。
(単線のみ、より線のみだと、高域がきつくなったりなんだりで、一番高域が伸びて滑らかな結果を採用)
足は、現在はスチール製のモノを使用していますが、これも音のお好みで変更可能。
見た目やうんちく、なんのその。
聴けば、中域厚めで、風のように軽い低域がフワッと広がるのが何とも心地よい、超ウルトラハイスピードサウンドです。
能率は96dBで、NuforceICON AMPでも軽々なります。
サウンドクリエイト オリジナルスピーカー
後面開放型 RFT2基搭載モデル 通称「鳥かごチャン」
¥430,000~(ペア)
(スピーカーの脚部やサランネットの仕様により価格が異なります)
現在発売中の「管球王国」VOL59でも紹介されています!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コメントは利用できません。