名刺入れ

2014.07.26

1520_1

もう十年近く使っていた名刺入れを新調しました。

Faroという日本のレザーブランドのものです。
Faroとはイタリア語で「灯台、道しるべ」という意味です。
日本で昔から受け継がれている高い伝統技法から生まれる製品、世界に誇れるクオリティーを日本から発信したいという思いから誕生したブランドです。
奇抜なデザインや派手な素材ではなく、「用の美」と呼ばれるように革製品の機能美を追求し、高度な技術もその技術をひけからすのではなく、あくまでも機能美の追求のための手段として製品を作っているそうです。

同ブランドの財布も使っているのですが、シンプルで目立つわけではなく、機能性がよくとても使いやすいです。
財布はほぼ毎日使うもので、やはり機能美というところに惹かれています。

1520_2

名刺入れも使用してみて、財布同様シンプルですが使いやすい。
しかし実は少し凝っていて、CROCO革で色は濃紺、コバの部分がブラウンになっています。
コバの部分はよく見ないとわかりませんが、このよく見ないとわからない個所に美を施しているところが気に入っています。

これから長く大切に使っていきたいと思います。

三浦 祐士


定義山の三角あぶらあげ

2014.07.20

1519_11519_2

仙台のソウルフード
定義豆腐店の三角あぶらあげ

こんなに旨いあぶらあげ、初めて食べました。
調子に乗って2枚ほど、、、

日本酒とめちゃくちゃ相性が良い肴です。

全国新酒鑑評会 11年連続金賞の黄金澤大吟醸でいただきました。

フジイ


同じ場所の景色

2014.07.04

毎月、必ず赤坂の日枝神社に行くことにしています。
可能な限り、月頭の大安の日を選んで。

目的は先月のお礼と今月の祈願をすることです。

必ず毎月行くと同じ場所でも様々な景色に出会います。
これは日本には素晴らしい「四季」があるからこそだとつくづく思います。
雪の残る寒い日、梅の花が咲き始めて春を思う日、ふじの花が満開を迎えた日、重い空の梅雨。

1518_11518_2

1518_31518_4

今年もまだ半分残っているので、同じ場所で四季を感じてみたいと思います。

三浦