B&W(イギリス)

ジョン・バウワースの誕生は1922年。第二次世界大戦中には王立通信軍団に加わり、占領下の欧州でレジスタンス諜報員との秘密無線連絡員の特殊任務に就いていました国防軍にいた彼はロイ・ウィルキンスと出会います。後にロイ・ウィルキンスの名前がBowers & Wilkinsの片方の名前に使用されました。戦後、バウワースはブライトン技術大学で学び、通信技術の資格を得ました。 この知識を元に以前の軍友ウィルキンスとチームを結成し、ワーシングにBowers & Wilkins社という小売店をオープンさせます。

これがB&Wの始まりです。

当初からジョンは世界で最も有名なブランドとなるに相応しいものをデザイン、開発、完成することを考えていました。音響技術とスタイルのいずれにも妥協することなく、同等に対応することで完成する製品の品質を比類のないものにする。こうした Bowers & Wilkinsの信念は不変なのです。ジョン・バウワースの理念は、Bowers& Wilkinsの中核的価値として今に生きています。ボワーズはクラシック音楽の熱心なファンでもありました。彼は 録音に携わるアーティストやエンジニアがスタジオで聴いたサウンドにできるだけ近いサウンドをリスナーに届けるスピーカーの重要性を唱えていました。ジョン・ボワーズが1988年に死去した後も、このビジョンは彼が創立した同社の理念として継承されています。ステイニング研究施設は先端技術を開発し続け、技術研究に対するボワーズの情熱という遺産は、ノーチラスや現在のBowers & Wilkins製品に見出すことができます。

通称「赤部屋」で、リビングオーディオ!

2011.01.15

サウンドクリエイト通称「赤部屋※」をレイアウト変更して、「試聴室」というよりはリビングに近い印象になりました。
※「赤部屋」=赤いソファに、赤い布地の壁紙のため・・・

小型スピーカーを始め、リビングにマッチングするようなスピーカーを各種ご用意し、こちらのお部屋でLINN MAJIK DS-I、SEKRIT DS-Iとお聴き頂けます。

スピーカーは、
Davone Rithm
B&W 805S
AudioMachina
PIEGA TP3
LINN MAJIK109
Mark&Daniel Maximus+Mini-

・・・など。その他、TANNOY コーナーヨークや当店オリジナルスピーカーもご用意ございます。
※上記スピーカーの全てがご試聴可能なのは、1月23日まで。

しっかりしたドライブ力で、ナチュラル鳴りのMAJIK DS-I、SEKRIT DS-Iは、どんなスピーカーを接続して頂いても、スピーカーそれぞれのキャラクターを引き出してくれます。
等身大リビングを想像させる「赤部屋」、是非システム選びにご活用ください。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

****************************
お問い合わせは…
Tel/ 0120-628-166
Mail/ info@soundcreate.co.jp

SOUND CREATE
東京都中央区銀座5-10-6 第一銀座ビル7F
営業時間/ 12:00 ~ 19:00
定休日/ 火曜日 ・ 第2.3月曜日
HP/  http://www.soundcreate.co.jp/