B&W(イギリス)

ジョン・バウワースの誕生は1922年。第二次世界大戦中には王立通信軍団に加わり、占領下の欧州でレジスタンス諜報員との秘密無線連絡員の特殊任務に就いていました国防軍にいた彼はロイ・ウィルキンスと出会います。後にロイ・ウィルキンスの名前がBowers & Wilkinsの片方の名前に使用されました。戦後、バウワースはブライトン技術大学で学び、通信技術の資格を得ました。 この知識を元に以前の軍友ウィルキンスとチームを結成し、ワーシングにBowers & Wilkins社という小売店をオープンさせます。

これがB&Wの始まりです。

当初からジョンは世界で最も有名なブランドとなるに相応しいものをデザイン、開発、完成することを考えていました。音響技術とスタイルのいずれにも妥協することなく、同等に対応することで完成する製品の品質を比類のないものにする。こうした Bowers & Wilkinsの信念は不変なのです。ジョン・バウワースの理念は、Bowers& Wilkinsの中核的価値として今に生きています。ボワーズはクラシック音楽の熱心なファンでもありました。彼は 録音に携わるアーティストやエンジニアがスタジオで聴いたサウンドにできるだけ近いサウンドをリスナーに届けるスピーカーの重要性を唱えていました。ジョン・ボワーズが1988年に死去した後も、このビジョンは彼が創立した同社の理念として継承されています。ステイニング研究施設は先端技術を開発し続け、技術研究に対するボワーズの情熱という遺産は、ノーチラスや現在のBowers & Wilkins製品に見出すことができます。

B&W803D3とOCTAVE V80SE

2017.02.26

当店にある試聴室で何時もはLINNのEXAKTなどをセッティングしている通称「青部屋」。

少しレイアウトを変えてB&W803D3をセッティングしています。

IMG_4849

B&W803D3はダイアモンドシリーズの3世代目の製品で前シリーズからはダイアモンドトゥイーターとスピーカー端子、ネットワークのコンデンサ(ムンドルフ)以外はすべてリニューアルされております。

モデリング技術を用いてスピーカーを隅々まで検証し今までのモデルからドライブユニットの素材、キャビネットの構造、台座、タービンヘッドやねじの固定位置に至るまでスピーカーを構成するほぼすべての構成を変更して、その数正確には868点にまでなり全く新しいB&Wダイアモンドシリーズです。

それを駆動するアンプはサウンドクリエイト一押しのアンプメーカーOCTAVEのV80SEです。

V80SEはOCTAVEのプリメインアンプの最上位グレードとなり最新のハイパワー管Tang-Sol製のKT150をプッシュプルで搭載しています。

120W×2chのハイパワーを誇り圧巻な駆動力のパフォーマンスは素晴らしいです。

V80SEの強力なスピーカードライブ力でB&W803D3をダイナミックかつ切れの良い低域を再生します。

一音一音の描写も彫が深く非常に豊かなサウンドで、真空菅であることを忘れてしまう静寂感で、音楽表現力が見事です。

IMG_4846

ソースはKLIMAX DS/3や他のDSシリーズ、また新旧のKLIMAX DSでの比較も可能です。

B&Wをご使用中のお客様は、この組み合わせは必聴です!!

 


MAJIK DSMでSpace Optimisation!

2015.04.05

B&WのCM9 S2が当店の展示機として到着いたしました。
力強さと、繊細さを兼ね備えた、非常にバランスの良いスピーカーです。
IMG_2485

そこで、LINN DSの新機能、【Space Optimisation】を施してみます。
CM9 S2は既にスピーカー選択の覧にあります。
LINNのスピーカーだけにしか効果がないと思われている方もいらっしゃるかも知れませんがそんなことはありません!!
やはり低域の分解能が上がり、気持ちの良いサウンドになります。80Hzより下の部分をフィルタリングしますので、全く音楽を邪魔しません。大変素晴らしい機能です。
是非、Space Optimisationを体験しませんか。設定の方法などもご説明させて頂きます!!
是非ご来店くださいませ。

IMG_2484

他にLINN MAJIK140やMAJIK109でもご体験いただけます!!!

****************************
お問い合わせは…
Tel/ 0120-628-166
Mail/ info@soundcreate.co.jp

SOUND CREATE
東京都中央区銀座5-10-6 第一銀座ビル7F
営業時間/ 12:00 ~ 19:00
定休日/ 火曜日 ・ 第2.3月曜日
HP/  http://www.soundcreate.co.jp/