LINN MAJIK DSM.

2016.10.08

MAJIK DSM。

KLIMAXレンジがKATALYSTになりますます注目を集めている、LINN DS。
当店でのイベントでも大変好評をいただきました。

今のところKATALYSTの恩恵を受けれるのはKLIMAXシリーズですが、AKURATEやMAJIKにもアップグレードがあります。
それはHDMI部分。もちろんHDMIが搭載されているモデルになりますが、HDMI2.0が搭載され、4K,ARC, CEC, HDR対応になりました。
これによってよりシンプルに接続が可能になり、使い勝手も格段にあがるのではないでしょうか。
このアップグレードどのモデルでも一律¥100,000(税別)でアップグレード可能です。

ここで再度注目したいのが、MAJIK DSM。
IMG_0374
LINNが得意とする1体型(DS、プリアンプ、パワーアンプ内蔵)のプレーヤーです。
簡単に言えば、ネットワーク用のLANを接続して、スピーカーを接続してしまえばもう音は出てしまいます。

1体型とはいえ、MAJIK2100(100W 2CHアンプ ¥280,000(税別)と同じパワーアンプが内蔵されています。
さらに、HDMI入力や出力、TOSLINK,アナログ入力に、さらにフォノ入力(標準はMMですが、オプションでMCに変更可能)もついております。
ほとんどの機材は接続できるのではないでしょうか。DSの中で一番コストパフォーマンスが良いのではないでしょうか!!
IMG_0375
使い勝手や、コストだけでなく、音質も妥協しないのがLINN。
本日大変面白いデモンストレーションをさせて頂きました。

お客様はCLASSIK MUSICをお使い。
そろそろ、DSを導入されたいとご来店を頂きました。
DSの仕組みから、良いのは分かっているが、固定概念を抜きにして確認したい。

そこで、CLASSIKをプレーヤーとして、MAJIK DSMに接続。
IMG_0377

①アナログ出力、②デジタル出力、そして③MAJIK DSMでのリッピングした音源の再生
をこちらで順番は替えて、ブラインドでご試聴頂きました。

ご感想は・・・・・・・

①アナログ出力
スピーカーにまとわりついている感じで、音離れが悪い。音がつぶれてしまっている。

②デジタル出力
悪くはないが、すこし派手な音。楽器の音が偽物っぽい。奥行きはあるが前に音が飛んでこない。

③MAJIK DSMでの再生
ものすごく自然な音。浸透力がある。縦方向横方向にも広がりがあり立体的。
音数が圧倒的に多く、音がつぶれていたく粒立ちがすばらしい。

お客様もどきどきさされながらご試聴頂いておりましたが、ぴったりのご回答でした!!

DSはなぜCDプレーヤーより音が良いのですか?というご質問もありました。

基本、CDプレーヤーで再生するCDのデータと、リッピングしたCDのデーターは一緒です。
簡単に言えば読み取っている環境が違うのです。

CDプレーヤーは、CDを入れて再生すると1分間に約500回転しています。あの小さな箱の中では、ものすごく環境が悪い中読み取っています。
例えていえば、悪路を時速300KのF1マシンを運転しながら本を読んでいるのと同じです。
逆にDSは、そのような動くパーツが全く入っていません。
例えて言うなら、静かな図書館でじっくりと本を読んでいるのと同じ事いなります。

このように、最初の入り口から大きな違いがあるので、音数の多さや奥行き感など素晴らしいのは納得して頂けると思います。

是非お店でもご体験頂ければと思います!!


LINN EXAKT BOX!!

2015.10.25

AKURATE DS/K、AKURATE KONTROL/K、AKURATE4200でNINKAアクティブをされているお客様宅へ
デモンストレーション!!

第一弾のデモは、新型の【AKURATE DS/K2】のデモでした。
基本はROCKとJAZZをメインに聴かれているお客様。新型のAKURATE DS/K2はやっぱり素晴らしい!
音のバランスが整い、奥行き感が出る。前回でこれ以上は無理だろうと思っていたけどこの進化は凄い!!

「でもこれ以上先はあるのだろうか、これ以上はスピーカーを変えないといけないだろうか」とお客様。
「いやいや、EXAKT BOXがあります!」と私。

そこで第二弾のデモ、「AKURATE EXAKT BOX」となりました!

AKURATE EXAKTBOXとは、簡単にいえばデジタルクロスオーバー。
ソフトウェアに繋いで、スピーカーを選択すれば、最適なクロスオーバー特性などダウンロードしてEXAKT BOXに組み込みます。
【いまはLINNのスピーカーがメインですが、一部のB&WやJBLのスピーカーでも対応可能になってきております。
今後ますます他社スピーカーでも増えていくと思います。】

更に、LINNのスピーカーの場合、シリアル番号を入力すれば、ドライブユニットのもつ個体偏差を補正までしてしまいます!!
更に更に、将来、スピーカーを入れ替えてシステムが変更されても、ソフトウエアでアップグレードができるからです。
Akurate Exaktboxは、Akurate DS/Kの技術に由来する10チャンネルのDACを搭載しています。2ウェイから5ウェイまでのどんなスピーカーもペアで ドライブすることを実現できます。

IMG_3274

今回のお客様宅では、接続をしてLINN KONFIGを開き、スピーカーを選択、シリアル番号を入力すると、約1~2分でLINNのクラウドサーバーから周波数特性や、ユニットの個体偏差がダウンロードされます。

13_20151025132745393

後は、各帯域のパワーアンプにラインケーブルを接続すれば完了です。
12_201510251327449c4
※接続、設定中の写真のためケーブルがたくさんです。ご容赦ねがいます!!

最初、NINKAは良いスピーカーだけど、10年前のスピーカーだし、これ以上良くなったりするのだろうかと少し心配をしていましたが
最初の音を聴いたときに衝撃をうけました。

古さなど微塵も感じないフレッシュなサウンドに、部屋全体からなっているような広大なサウンドステージに鳥肌が立ちました。
また、お客様もこの曲は何回も聴いているけどこの楽器が入っているのは初めて分かった!!前回も聴こえない音が入っていることに驚いて、もうないと思ったけどその先があるんだねと大変驚かれておりました。

もうここまで来たら、スピーカーも今のLINNのスピーカーで聴いてみたいとのことで、第3弾は、EXAKT BOXを使った、LINNスピーカーのデモになりました!!

****************************
お問い合わせは…
Tel/ 0120-628-166
Mail/ info@soundcreate.co.jp

SOUND CREATE
東京都中央区銀座5-10-6 第一銀座ビル7F
営業時間/ 12:00 ~ 19:00
定休日/ 火曜日 ・ 第2.3月曜日
HP/  http://www.soundcreate.co.jp/


LINN DSの新機能 Space Optimisation

2015.03.22

当店の通称「赤部屋」MAJIK DSMとMAJIK140での組み合わせで試してみます。

IMG_2457

まず、最初に、Konfigを最新にアップデート。そしてDSのファームアップが出てきたらファームアップしてください。

Konfigを立ち上げ、DSを選択して、右上の「Speakers」を選択します。
op1-1-1

この選択覧から今回はMAJIK 140を選択します。
この選択は何を意味するかと言うと、Optimisationは80Hzから下の部分をコントロールします。
そのためウーファーの位置が重要になってきます。この選択覧に出てくるスピーカーはすでにLINNによってウーファーの位置が測定されています。今現在では、LINN、B&W、KEF,Monitor Audio,Proac,Spendorのスピーカーが選択できます。
今後、選択出来るスピーカーはどんどん増えていくそうです。
この覧に現在ないスピーカーをお持ちの方は、完全なOptimisationは出来なくても、ユニットの配置が似ているスピーカーをお選びいただければ効果は体験できるはずです。

op2-2-2

次に、speakersのとなりのSpace Optimisationを選択。
左上のCHANGE ROOM SETTINGSを選択します。

op3-3-3

Room Dimensionsは部屋の寸法になります。
上からLengthは奥行き、Widthは幅、Heighは天井の高さになります。全てmで入力します。

op4-4-4

次にこれからが追加項目になります。
それぞれ4方の壁の種類が選択できます。Construction Typeを押すと壁の素材の「UNKNOW」、「COCRETE」、「PARTITION」の3種類の項目がでてきます。
「UNKNOW」は分からない場合の標準、「CONCRETE」はコンクリート壁や躯体壁、石壁など、「PARTITION」通常の間仕切り壁で良いと思います。

op8-8-8

更に、ADD FEATUREのボタンを押すと、その壁に対してガラスの窓、更にそれが1枚ガラスかペアガラスか
そして木製のドアかを選択します。そしてそれの大きさも入力できます。それも複数入力可能です。
今現在は、その位置までは入力する事は出来ませんが、壁の大きさに対しての割合で反射係数を測定していると思います。これもいずれは位置まで入力出来るようになるのではないでしょか。

次に床、天井の素材も選択できます。この項目は「UNKNOWN」、「CONCRETE」、「SUSPENDED」
「SUSPENDED」は天井の場合は吊り天井か、床の場合は浮き床のことです。床の選択は難しいですが、ほとんどの住宅は「SUSPENDED」になるのではないでしょうか。
この選択は実際にどちらが良いかやってみないと分からないかと思います。更にリスニングポイントの入力です。
正面の壁からの位置、向かって左からの壁の位置を入力します。

op5-5-5

次に左右のスピーカーの位置の入力。
それぞれのスピーカーの外側のコーナーから、側面の壁、正面の壁までの位置を入力します。
更に「Bottom edge of Plinth to floor」は床から、スピーカーキャビネットまでの高さです。
この入力はこの高さによって、床からウーファーユニットの位置が変わるので入力するのだと思います。
かなり正確に考えられて作られております!!

ここには2つ、入力が出来るようになっております。

「Ideal Position」と「Practical Position」。訳すと理想の位置と実際の位置。
これは、例えばお部屋の動線など関係なく理想的な位置に設置が出来ればその位置をIdeal Positionにのみ入力します。

理想的な位置はあるが、動線やレイアウト的に難しい場合は、理想的な位置をIdeal Positionに、実際に置かなくてはいけない位置をPractical Positionに入力します。これはどのような処理をしているか確認中ですが、理想の位置の音質に近づけてくれるのです!!
全ての入力をして「OPTIMISE」を押すと数秒で計算してくれます。

op6-6-6

当店の赤部屋では、52.73Hzの部分に-14.13dbのフィルタリングをかけていることになります。

op9-9-9

OPTIMISEをかけるのとかけないでは明らかに違います。
すこし膨らむ低域もすっきりして、奥行き感、広がりとにかく違います!!
今まではEXAKTでしか出来なかったこの機能が全てのDSで体験できるのは素晴らしことです。
まだ不明な部分もございますが、分かり次第追加していきます。

****************************
お問い合わせは…
Tel/ 0120-628-166
Mail/ info@soundcreate.co.jp

SOUND CREATE
東京都中央区銀座5-10-6 第一銀座ビル7F
営業時間/ 12:00 ~ 19:00
定休日/ 火曜日 ・ 第2.3月曜日
HP/  http://www.soundcreate.co.jp/


LINN EXAKT SYSTEM

2014.09.07

LINN EXAKT KLIMAX & AKUBARIKとも常時ご試聴可能です

LinnExakt

昨年の11月に鮮烈なデビューを果たしたLINN EXAKT SYSTEM。
そして遂にKLIMAXの下位モデルに当たるAKURATE EXAKTもリリースされました。

EXAKTラインナップが格段に充実したことにより、KLIMAX、AKURATEというクラスを超えての組み合わせが可能になりました。
例えば、
KLIMAX DSMとEXAKT AKUBARIKとの組み合わせ。
当然、AKURATE DSMとKLIMAX EXAKT350と。
今までセット価格での販売でしたが、この度、全て個別価格設定となりました。

Linn_Klimax_Exakt20140531123845215

◆EXAKT DSM(ヘッドユニット)
・KLIMAX EXAKT DSM     ¥1,600,000(税別)
・AKURATE EXAKT DSM    ¥650,000(税別)

◆EXAKTスピーカー(EXAKT ENGINE)
・KLIMAX EXAKT350      ¥6,400,000(税別)
・E-350 UPGRADE       ¥2,400,000(税別)
・EXAKT AKUBARIK       ¥3,450,000(税別)
・E-AKUBARIK UPGRADE    ¥1,550,000(税別)
・KLIMAX EXAKT TUNEBOX   ¥3,150,000(税別)
・E-TUNEBOX UPGRADE   ¥2,550,000(税別)

SOUND CREATEではEXAKT350,EXAKT AKUBARIKとも
常設いたしております。
何時でもご試聴可能です。

****************************
お問い合わせは…
Tel/ 0120-628-166
Mail/ info@soundcreate.co.jp

SOUND CREATE
東京都中央区銀座5-10-6 第一銀座ビル7F
営業時間/ 12:00 ~ 19:00
定休日/ 火曜日 ・ 第2.3月曜日
HP/  http://www.soundcreate.co.jp/