OCTAVE(ドイツ:1980年) 

OCTAVE社の歴史は古く、1968年に現社長アンドレアス・ホフマンの父親が設立したコイルやトランスの製造会社「ホフマン・トランスフォーマーズ」にその端を発します。 その後1980年にOCTAVE社として最初の真空管アンプを発表しています。OCTAVE社が今までの真空管アンプメーカーと大きく違うところは? ・・・現代のハイエンドオーディオ界において高度な音質を達成することができる確かな技術力をベースにアートの領域へ到達するものづくりの姿勢。 古典的な真空管技術と革新的な半導体エレクトロニクス技術を融合しデバイスの優劣論争とは無縁の高性能アンプを実現。

・・・OCTAVE社は20年以上前から最良のトランジスター技術で、いくつもの画期的なノウハウを取得し、それらを古典的な真空管技術と融合させることでハイクオリティーに、且つ魅惑的な真空管アンプをデザインしてきました。その例が、独自の電子保護回路、ソフトスタートの技術および電源回路の安定化などです。高音質と抜群の信頼性、クオリティを追及するハイエンドオーディオファイルに愛好される理由がここにあります。 OCTAVEアンプは真空管アンプとしての基本性能はもちろん、装置のコンデションを気にせずレコード・CDを通してより音楽の本質に近づくことができます。すべてのOCTAVEアンプは、入力ソケットから出力トランス(自社で設計し製造)まで最高品質のコンポーネントだけで構成されています。 使用されるそれぞれのパーツを熟知しているからこそ最良の設計ができ、新たな改良点が見つかればすぐに試作し製品にフィードバックする体制を堅持しています。 ドイツ南部のKarlsbad(カールスバッド)にある本社で熟練した職人の手作業によりすべてのアンプが組み立てられています。また、すべての製品は出荷される前に48時間の通電テストを受け、合格したものだけが製品として出荷されます。

OCTAVE社の製品は発表後にもさらに良い製品を実現するための研究が続けられ、その成果は製品にフィードバックされています。 この姿勢はHP500(1987年に市場デビュー)が現在でも陳腐化せず市場で高い評価を得ていることからも実証されています。

OCTAVEアンプのユーザーは購入時の性能をそのまま長期間にわたり維持し、音楽を楽しむことが可能となります。

OCTAVEアンプで使用されるほとんどの機能とデバイスを自ら設計し、パーツも専門メーカーがOCTAVE社の仕様通りに製作されたものを使用するため、年月が経ってもオリジナルの部品を調達することが可能です。だからこそ販売されたすべてのアンプを長期的にその性能を楽しんでいただくことが可能となるのです。

OCTAVE V80SE,新製品RE320がこの3連休ご試聴頂けます!!

2016.07.16

【OCTAVE RE320】
KT150を装着し、Jubilee SEの技術を搭載したステレオパワーアンプ
130W×2 STEREO POWER AMPLIFIER
IMG_3200
新しいRE320は、OCTAVEのSE技術を巨大なモノラルタワー型ではなくコンパクトなステレオパワーアンプとして効果的に実装されています。
E構想のために特別に開発された電源供給や高度な専用設計の広帯域トランスと共に、負荷の影響を受けず常に極めて安定した性能レベルでの再生が可能です。
RE320はビンテージスピーカー、現代のならしにくいスピーカーをもドライブする駆動力を備え、ナチュラルに心地よいサウンドは素晴らしいの一言です。

 

【OCTAVE V80SE】
新しいドライバー段、アップグレードされた出力トランス、そして更に洗練されたパワートランス等の技術的特徴を際立たせ、新たなフィードバック技術が絶対的な安定性を獲得しています。

IMG_3313

OCTAVEのプリメインアンプV80SEはOCTAVEのプリメインアンプの中でトップのモデルとなります。
最新のKT150を搭載し120W×2のハイパワーを誇ります。
現代の真空管アンプらしくダイナミックで切れ込みも早い。音楽描写も彫が深く豊かなサウンドです。

最新の真空管、KT150を搭載した2機種が試聴可能です。
是非この機会にOCTAVEを体験してください!!

OCTAVE RE320 ¥1,450,000(税抜き)

OCTAVE V80SE ラインモデル ¥1,540,000(税抜き)
フォノモデル ¥1,630,000(税抜き)


OCTAVE Phono EQ.2

2016.03.02

OCTAVEからフォノイコライザーの新製品、Phono EQ.2が発売になり、当店にもデモ機が到着いたしました!!
IMG_2828

OCTAVEにとってレコード再生は常に重要な位置を占めてきました。
ほとんどのOCTAVEプリアンプ、プリメインアンプには、クオリティーの高いオプションのphonoボードが用意されています。
当店のお客様でもたくさんご愛用頂いております。
このPhono EQ.2はそんなOCTAVEが他社のアンプでもクオリティーの高いOCTAVEのアナログサウンドをご体験頂けるように開発されたフォノイコライザーなのです!!
MMとMCが使用でき、底面にあるディップスイッチでMCはゲインと負荷インピーダンスを細かく調整が出来ます。
小さな躯体ながら磁気遮蔽されたシャーシに収められ、外部電源供給とで構成された完全なMM/MCフォノステージです。
IMG_2825IMG_2826

早速、LINN LP12でカートリッジはKrystalで試聴してみました。相性は抜群なのです!!
こんな小さな躯体ながらの力強さ、そして静寂さ。
クラシックは軽やかで爽やか、大編成のオーケストラは深みもあり部屋全体を包み込むサウンド、JAZZはスピード感に切れ味があり、楽器がはじけ飛んでくる。
全く嫌な要素がありません。またまたボーカルは、その息使いまで聴こえてきて、リアル!!

レコードをひっきりなしに交換して試聴大会になってしまいました。
家用に導入を決意したのは言うまでもありません……。(石井)

IMG_2829

OCTAVE Phono EQ.2 ¥250,000(税別)


NEW PreAmp OCTAVE HP700入荷しました!!

2014.07.02

待望のOCTAVEのNewプリアンプ“HP700”入荷いたしました!!
サウンドクリエイトにて常時ご試聴いただけます。

HP700は、前作のリミテッドエディションHP500SEの上位機種。
上質で濃密な各楽器の質感、声の艶かしさはOCTAVEのプリならではです。

クリエイトでは OCTAVE MRE220パワーアンプと合わせB&W802Diamondを鳴らしておりますが、
エレガントかつ躍動感のある鳴りっぷりが魅力的です。

最新設計のHP700は随所に最新テクノロジーを採用
インピーダンス可変機能付きの入力段はゲインも
25/18/12dBの3ステップで変更出来、組み合わせるアンプ、スピーカーに合わせ最適なマッチングが可能。
最新設計のパワーサプライを別筐体とし、安定した電源供給と低ノイズ化に貢献しています。

Exif_JPEG_PICTURE

ブラックモデル
HP700BK

豊富な入力端子の他、オプションでPhonoModuleと同等の豊富な入力モジュールを最大2スロット搭載可
トーンコントロールモジュールの追加や、専用の47ステップのアッテネーターボリュームへの変更も可能。
非常に高い拡張性と、システムに合わせた柔軟な設置が大きな魅力です。

201407021730217cd

2014070217302242d

OCTAVE HP700
Preamplifier

・入力     RCA×3 XLR×2 RCAスルー×1 モジュール入力×2
・出力     RCA×2 XLR×1 モニター出力×1
・消費電力   35〜60W
・本体重量   10.8kg
・電源部重量  4kg
・本体サイズ  W462×H130×D480mm
・電源部サイズ W110×H90×D277mm
・付属品    電源ケーブル、リモコン
・フィニッシュ アルミニウムシルバー、アルミニウムブラック

本体価格    ¥1,700,000(税別)

****************************
お問い合わせは…
Tel/ 0120-628-166
Mail/ info@soundcreate.co.jp

SOUND CREATE
東京都中央区銀座5-10-6 第一銀座ビル7F
営業時間/ 12:00 ~ 19:00
定休日/ 火曜日 ・ 第2.3月曜日
HP/  http://www.soundcreate.co.jp/


OCTAVE MRE220 モノラルパワーアンプ発売!

2012.09.07

9月 19日に発売される、OCTAVEの新製品、モノラルパワーアンプ「MRE220」。
いち早く当店に試聴機が到着しています!!!

一聴して真空管アンプとは思えない静寂感。
オーケストラの壮大なスケール感は奥行も素晴らしく、ゆとりがあって、遠くまで見渡せる立体感は超リアル。
Tchaikovsky Violin Concerto/jascha heifetzでは、古い録音なのに、当時を甦らせるハイフェッツの気高く力強い弓さばきと指の動き。
JAZZのビックバンドやROCKミュージックはボリュームをあげても全くうるさくなく、再生音であることを忘れてしまうほどのライブ感を体験しました。
               

そして何よりも音の質感が素晴らしいのです。
声や楽器一つ一つがそれぞれに情感豊かで、…この質感はなんと表現すればいいのでしょうか。
このアンプで鳴らないスピーカーは無いのではないかと思わせられる圧倒的な存在感があります。

スタッフみんなで、ただただ「いいねぇー!!うん、いいねぇー!」「うわぁ…この低域のゆとり…」「ジュビリーモノ(最上位機種/735万円)に限りなく近づいてるよね。」と、NEW FACEとは言い難いほどに溶け込んでいる「MRE220」が織りなす音楽の世界に酔いしれていました。

201209072100499f8

さて、今現在入手している情報で「MRE220」を説明すると、
真空管KT120のために、OCTAVEが設計したパワーアンプ第2弾として登場いたしました。

第1弾はステレオパワーアンプである「RE290」でした。
RE290は抜群の安定感を誇り、当店のお客様の中でも、B&W800、GIYA G1、JBL9800、エクスクルーシブ、JBLヴィンテージなどなど、様々なスピーカーを駆動されています。
当店でもさまざま鳴らしましたが、その中でもJBL DD66000との相性にも驚きました。
「現代のアンプでJBL DD66000を鳴らすなら、OCTAVE RE290をお勧めいたします!」と言い切れるほどに。
(先日JBLから新しくDD65000とDD67000が発売されましたが、ぜひMRE220で聴いてみたいものです!)

そして今回モノラルパワーアンプとして登場した「MRE220」。
KT120は最高傑作のパワー管であるKT88 と比較してもより高い電流容量を持つとともに、プッシュプルモードで100W/1ch以上の出力を可能にします。

真空管の互換性があることが魅力の1つであるOCTAVEのアンプですが、より真空管そのものの特性にマッチするように、プレート電圧がハイパワーとローパワーで切り替えができるように設計されています。ハイパワーがKT120用、6550、KT88はローパワーでというように、適切な電圧をかけて、真空管式としては非常に高い200W(4Ω)という出力を達成しています。

20120907210049f46

また、真空管アンプにおけるポイントの一つである出力トランスは、自社開発の「PMZ」コアを搭載したトランスを使用しています。
(>>>詳しくはこちらを!PMZコア)

入力トランスについては、ユーザーの用途や接続機器との組合せを考慮して、オーダー時に有り/無しの選択が可能(トランス入力は¥73.500《税込》のオプション)となるなど、トランスを自社で生産するオクターブのこだわりも健在です。

おそらく絶対に期待を裏切らないであろうパワーアンプ「MRE220」。
音楽愛好家の皆様へ、自信をもってお勧めいたします。

OCTAVE MRE220 モノラルパワーアンプ
¥2,415,000/税込

****************************
お問い合わせは…
Tel/ 0120-628-166
Mail/ info@soundcreate.co.jp

SOUND CREATE
東京都中央区銀座5-10-6 第一銀座ビル7F
営業時間/ 12:00 ~ 19:00
定休日/ 火曜日 ・ 第2.3月曜日
HP/  http://www.soundcreate.co.jp/