OCTAVE(ドイツ:1980年) 

OCTAVE社の歴史は古く、1968年に現社長アンドレアス・ホフマンの父親が設立したコイルやトランスの製造会社「ホフマン・トランスフォーマーズ」にその端を発します。 その後1980年にOCTAVE社として最初の真空管アンプを発表しています。OCTAVE社が今までの真空管アンプメーカーと大きく違うところは? ・・・現代のハイエンドオーディオ界において高度な音質を達成することができる確かな技術力をベースにアートの領域へ到達するものづくりの姿勢。 古典的な真空管技術と革新的な半導体エレクトロニクス技術を融合しデバイスの優劣論争とは無縁の高性能アンプを実現。

・・・OCTAVE社は20年以上前から最良のトランジスター技術で、いくつもの画期的なノウハウを取得し、それらを古典的な真空管技術と融合させることでハイクオリティーに、且つ魅惑的な真空管アンプをデザインしてきました。その例が、独自の電子保護回路、ソフトスタートの技術および電源回路の安定化などです。高音質と抜群の信頼性、クオリティを追及するハイエンドオーディオファイルに愛好される理由がここにあります。 OCTAVEアンプは真空管アンプとしての基本性能はもちろん、装置のコンデションを気にせずレコード・CDを通してより音楽の本質に近づくことができます。すべてのOCTAVEアンプは、入力ソケットから出力トランス(自社で設計し製造)まで最高品質のコンポーネントだけで構成されています。 使用されるそれぞれのパーツを熟知しているからこそ最良の設計ができ、新たな改良点が見つかればすぐに試作し製品にフィードバックする体制を堅持しています。 ドイツ南部のKarlsbad(カールスバッド)にある本社で熟練した職人の手作業によりすべてのアンプが組み立てられています。また、すべての製品は出荷される前に48時間の通電テストを受け、合格したものだけが製品として出荷されます。

OCTAVE社の製品は発表後にもさらに良い製品を実現するための研究が続けられ、その成果は製品にフィードバックされています。 この姿勢はHP500(1987年に市場デビュー)が現在でも陳腐化せず市場で高い評価を得ていることからも実証されています。

OCTAVEアンプのユーザーは購入時の性能をそのまま長期間にわたり維持し、音楽を楽しむことが可能となります。

OCTAVEアンプで使用されるほとんどの機能とデバイスを自ら設計し、パーツも専門メーカーがOCTAVE社の仕様通りに製作されたものを使用するため、年月が経ってもオリジナルの部品を調達することが可能です。だからこそ販売されたすべてのアンプを長期的にその性能を楽しんでいただくことが可能となるのです。

OCTAVE HP700納品しました。

2017.08.13

新潟のS様のお宅にOCTAVE HP700を納品させていただきました。
IMG_5069

以前はOCTAVE HP300SEをお使いでしたが、さらなるアップゴレードとのことで
HP700SEのご導入となりました。

IMG_5074

HP700SEは、低域のエネルギー、質感が素晴らしく
S様は60~70年代ロックアナログ盤をKLIMAX LP12で聴かれるのですが、ベースラインのグルーヴ感が凄まじく
さらにサウンドステージも一回り大きく、スピーカーからの音離れが大きく改善されました。

KLIMAX DS/3も今回のHP700へのアップグレードで、さらにグレードアップ。

大きな変化に、大変お喜びをいただきました。

S様、ありがとうございました。


ご納品の旅

2017.07.15

今年もはやいもので、一年の折り返しを通過してしまいました。

今年も大変ありがたい事に、遠方を始め、色々なご納品をさせて頂いております。

全てではありませんが、少しご紹介させて頂きます。

今年の年明け1月の最初のご納品は、名古屋にお伺いさせて頂き、スクリーンの納品。

お客様のご要望で、部屋に入る最大のサイズをご要望。失敗は許されませんので、何度も計測して入るサイズがなんと180インチ!!

5m近くなりますので、搬入も普通には入りません。お部屋が地下なので、ドライエリアから入れる事に。

事前に5mの棒を持っていき、本当に入るか何度もシュミレーション。問題なく搬入が出来る事が分かり、いざ納品!!

実物のスクリーンを見て、本当に入るか!?とドキドキでしたが、すんなり搬入が出来ました!

IMG_0643

スクリーンを設置するにあたり、リフォームを一緒にご提案をさせて頂き、折角なのでアトモス用にPIEGAのAP1.2もご導入頂きました。

フル4Kで見る180インチのシアターは、実際に物語に入ったようにリアルで、大迫力!!

OCTAVE ジュビリーMONO SEでならすJBL6700にようやく映像も追いつき、大変すばらしシアターの完成です。

IMG_0645

IMG_0653

こちらは東京でのご納品。

KLIMAX DSのアップグレードとAAVIK U300のプリメイン。スピーカーはBRODMANNのVC2。

広く透き通ったサウンドステージに、生々しいまでの音像がふっと浮かび上がります。

また、BRODMANNの優しい響きに、何とも言えない心地が良いサウンドです。

DSも導入頂いておりますが、まだCDや映像等も一緒に見れたらとのご要望で、MSBのトランスポートのご導入頂く。

このArvikのデジタル入力がまた素晴らしい!!

中低域の密度や厚み、2chでも十分に臨場感あふれるサウンドにはご納品させて頂いた自分がびっくりしてしまいました。

IMG_0835

IMG_0834

続きましては初めての場所。何と長崎県五島市!!

もともと地理に弱く、長崎県五島市と聞いても、九州でしょ、九州は何度も言ってるし、飛行機一本でしょ!くらいにしか

考えていません。実際にご納品が近づき、調べていると、えっ!どうやっていくの?と焦る。初めての場所はいつもこんな感じです。福岡空港から、プロペラ機で行けました!

IMG_1528 IMG_2161

KLIMAX DS3とOCTAVE RE320,PIEGA 711をご納品させて頂きました。

オーディオの写真は無いのですが、空気がきれいで風が心地よく、鳥の鳴き声が響き、同じ日本とは思えませんでした。

お魚もおいしく、ご納品と、五島列島を堪能させて頂きました!

IMG_1237 IMG_1234

IMG_1531

続く………

石井


TNANOY GRF MonitorGOLD納品いたしました。

2017.06.11

IMG_4672

静岡県のK様の御宅にTANNOY GRF MonitorGOLDをお納めいたしました。

TANNOY GRF国産箱に15インチ同軸2wayのデュアルコンセントリックユニットMonitorGOLDを搭載.

Autographを小型化し、バックロードは残しつつ、フロントホーンを排除したGRFは

レスポンスが良くバランスに優れており、幅広いジャンルを楽しんでいただけます。

IMG_4678

鳴らすアンプはOCTAVEのV70SE

LINN LP12でアナログレコード中心に音楽を楽しまれています。

38cmウーファーのゆとりある鳴りっぷりで、大変お喜びいただきました。


AAVIK U300,B&W 800D3納品いたしました。

2017.05.28

ご自宅を増築されたN様の御宅に

B&W800D3とAAVIKのハイエンドデジタルプリメインアンプU300をご納品させていただきました。

 

IMG_4888

プレーヤーはLINN KLIMAX DS/3 Katalystにアップグレードとなりました。

IMG_4805

ウィンドウの奥には、Lamborghini Aventador SV    750PS!!

B&Wの現行フラッグシップの800D3を、AAVIK U300が軽々と鳴らし

ヴォリュームをいくら上げても、全くうるさく無くウーファーを余裕でドライブしてくれます。

AAVIKのヒートシンクに開いた12個の穴は、まるでV12気筒エンジンのようでした。

想像以上の鳴りっぷりに、N様も大変お喜びいただきました。