CARL HANSEN & SON

創業者のカール・ハンセンは「優れたクラフトマンシップと最新技術を融合すれば、リーズナブルな価格で質の高い家具を人々に提供できる」と確信のもと1908年にオーデンセに工房を開業。

1949年にまだ一般的に知られてなかったハンス・J・ウェグナーにコンタクトをとり共同作業が始まります。

その後カール・ハンセン&サンは不朽の名作といわれるYチェアを誕生させ、今日ではハンス・J・ウェグナーの家具を生産する最大のメーカーとなりました。その他にも、モーエンス・コッホ、コーア・クリント、オーレ・ヴァンシャーといったデンマークデザイン界に大きな足跡を残す名作家具も生産し、デンマークのデザイナーデュオ、ストランド&バスなど才能あるデザイナーとの共同作業も積極的に取り組んでいます。

世代を超えて愛用できる質の高い家具は100年に渡り培ってきたクラフトマンシップをもって現在も変わることなく引き継がれています。

オーレ・ヴァンシャー コロニアルチェア 仕上げの選択

2016.07.17

Ole Wanscher(オーレ・ヴァンシャー)のコロニアルチェア。

形も、掛け心地も、なんとはなしに「抜け感」があって、名作椅子の一脚です。

並木通りのLegato店に展示しているものはヴィンテージ品ですが、コロニアルチェアは「ヴィンテージにこだわらなくとも現行モデルもとてもいい!」とは、詳しいヒト(ユーザー)の話。

余談ですが、家具も、現行モデルとヴィンテージで、デザインは同じでも工房が違って、細部がなんとな昔のがイイ‥ということもあるのです。
ただし、こういう場合のヴィンテージは、価格も立派だったりしますが‥。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さて、現行モデルのよいところは、最初からフレームとクッションの張地が自分好みに選べること。

例えば、このコロニアルチェアの場合

・木材と仕上げについて

コロニアルチェアのフレームの材質は、
色の濃いもの(ウォールナット/マホガニー)と、浅いもの(オーク)の3種類があります。

更に仕上げが選べます。
ソープ仕上げかオイル仕上げ、その他もありますが、この二つがとりわけオススメ。

ソープもオイルも要は油であるわけですが、これらが木の細かい目に塗り込まれます。

そうすると、
ソープの場合だと固形なので木の奥まで浸透しないし、白っぽくなります。
一方、オイルは中まで浸透。なので色も濃くなります。
それから木の手触りが違います。
元々の木の風合いが残るのはソープ仕上げ。
オイルの方は、しっとり滑らかになります。

この両仕上げは、使い込んでいくと、経年変化も楽しめる仕上げ。

ちなみに、これは材質の仕上げの一部。

カールハンセン.材質

Legatoのヴィンテージは、材質は今はラインアップにないようなのですが、しあげはツヤありのラッカーの仕上げ。

オイルやソープ仕上げがいいと言っておきながら‥と思われるかもしれませんが、ヴィンテージは一期一会。
そのものがよければ、それでいいということですね。

ちなみに、ラッカー仕上げをメーカーが勧めないのは、
塗装をかけるので、木の風合いが出にくいことと、
塗装はいつかはげてしまうので、傷も染みも含めて経年変化を楽しむよりは、傷がつかないように大切に使うという概念になること。

・張地について
革と布と何種類かあります。
革についていえば、ランクが3段階あります。

いちばん下のランクは、顔料で染めているので一番色数が多いです。

上のランクは植物性の染料で染め上げているので、色数は少ないですが、風合いが素晴らしいです。

それから、色、手触りの風合いと、通気性の良さが圧倒的に他と異なります。(その代わりに染みがつきやすい。)

こんな風にして、自分好みのコロニアルチェアを完成させます。


ヤコブセン OXFORD CHAIR

2016.07.17

並木通りのLegato店にヤコブセンのオックスフォードチェアが入荷しました!

下記は、Legatoブログより抜粋・・。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ハイバックのワークチェアで、背もたれのカーブが優美。

今展示しているものは、ラインアップ中、最高品質のエレガンスレザーを使っていて、
ちょっと‥贅沢な一脚ですが、書斎でオーディオを楽しまれている方に、お勧めしたい逸品です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さて、この椅子が「オックスフォード・チェア」と呼ばれるSTORYを‥

この椅子の名前は、
かの有名な英国・オックスフォード大学からとっています。
ハーバードやケンブリッジと並ぶ世界トップレベルの大学‥
その程度の理解しかありませんが、世界で3番目に古く、
英語圏では最古の総合大学でもあります。
(ちなみに世界最古の総合大学は、伊ボローニャ大学。

イタリア好きとしてはなんだか嬉しい)

とにかく由緒ある、誰でもその名を聞いたことある、あの大学。

一方、「アルネ・ヤコブセン」、
デンマーク・チェアを見て3歩歩けば必ず行当たる名前。
デンマークを代表するデザイナーの一人です。

英国とデンマークって、なんだか結びつかないですが‥?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 少し時間を戻して、1962年。

オックスフォードのセント キャサリン カレッジが設立されました。
その建築の一切を任されたのが、建築家であり、デザイナーであるヤコブセンだったのです。

なぜヤコブセンが?

イギリスを代表する大学、いかにも自国のデザイナーを使いそうではないですか?

新しく建てられるセント キャサリンの計画にあたって、
当時の学長が、それまでの伝統に新しいものを入れたいと、
海外の設計者を投入しようということになったのだとか。

伝統は守るものですが、時に壊すことも必要ということでしょうか。

とにかく、このことから、学長はデンマークを訪問。
細かい経緯はわかりませんが、ヤコブセンが1957年に手がけた
ムンゲゴー小学校が大きなポイントになったのではないでしょうか。

この建築は、自然光を取り入れる工夫や中庭の使い方など、
そこで運動や勉強して育つ子供たちの過ごし方が、
よく考えられた設計なのだそうです。

この「オックスフォード・チェア」に話を戻すと、
ヤコブセンがデザインしたこの椅子は、もともと食堂の教授の座る椅子。
ハリー・ポッターなどの映画で度々、食堂のシーンが出てきて、生徒のテーブルの一番先頭に、先生が雁首揃えているテーブルがありますよね。(※)
あんな感じで、セント キャサリン カレッジでも食堂の前方に先生のテーブルというのがあります。
そのための椅子が、このオックスフォード・チェアの原型。

ハイバックは、教授の権威を表し、更に先生のテーブルは生徒より一段高いところに。
(※ハリーポッターのあの食堂は、オックスフォードのクライスト・チャーチの大食堂が使われているのですって!)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

当時のオックスフォード・チェアの脚部は、ウッドベースでしたが、

製品化された現在のモデルは、クローム仕上げ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 バックから座面、そして、足の方へと流れるカーブが、本当に美しい。

厚みの薄いところもデザインとして素敵ですが、
若干のしなりが、体に沿って長く座っても疲れないのでは?

このハイバックなら、自然に背筋も伸びて、
更には少し後ろにもたれれば、威厳も出る!?

このシリーズ、ロー・バック、ミディアムハイ・バック、ハイ・バックと背もたれに3種類の高さがあります。
私はこの、カーブが一番美しく感じられる「ミディアムハイ・バック」が
一番好きで、お店に置くことにしました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ファブリック、レザー共に様々な種類があり、
価格は、それによって変わり、337,200円〜653,400円(税込)です。

ハードワークな仕事人なら、そこで過ごす時間は長いはず。
仕事はかどる贅沢なら、きっと許されるはず・・


チーフティンチェア

2016.02.26

IMG_2076
昨年、ご納品させて頂いたフィンユールの「チーフティン・チェア」です。
チーフティン・チェアはフィンユールが1949年に自身が寛げるためにデザインされた、今ではデンマーク家具デザインの中でも象徴的な存在ともいえます。
当時デンマークのギルド展でフレディリック国王が腰掛けたとして有名な椅子でもありますが、アメリカの財界人と交流もあったフィンユールは敢えてチィーフティン(曹長)の椅子と名ずけました。

ご納品させて頂いたチーフティンチェアですが木部はウォールナット仕上げで張地はVegetal Natureというレザーです。
レザーは名前の通り素の状態のレザーで時間の経過とともに色が濃くなり光沢などの表情が現われるレザーです。
デンマークより入荷してくる際は、ナチュラルレザーなゆえ、コーティングもなく、まさしく素の状態でした。

お客様宅にご納品させていただいた際にレザーのシミや汚れ防止でクリームでフィニッシュさせて頂きました。
IMG_3099
そこで登場したのが、このLeather MASTERのレザープロテクションクリームです。
イタリアのユニタス社のクリームですが、とてもサラサラした乳液状のクリームで吸収が早すぎず均等に塗布することが出来ます。
またレザーの奥まで吸収して浸透がとても良いのです。
塗りムラとつけ過ぎの心配が少なく曲線部なども塗りやすく綺麗に塗布できるクリームです。
FullSizeRender
クリームの効果あってか、ご納品から半年ほどたった先日にお伺いした際は、程よく色が濃くなってきていてレザーの深みも出て質感も良くなっており、更に美しい椅子になっていました。


FRITZ HANSEN ALPHABET SOFA

2016.02.05

昨年の夏にLINN AKURATE DSMのアップグレードの納品にお伺いさせて頂いた三重県のO様。

納品時に家具のお話になり、当店でも北欧家具の取り扱いを始めたことで盛り上げり、何と丁度、O様が気になっていた(欲しい)家具が当店が取扱いしているFRITZ HANSENの「ALPHABT SOFA」でありました。

ご注文いただいて3か月の納期を頂いて先日、納品にお伺いいたしました。
IMG_2789

ALPHABET SOFAはイタリア人デザイナーのピエロ・リッソーニのデザインで、アルファベットのように何通りもの組み合わせが可能なモジュールソファシステムです。
IMG_2786
カラーバリエーションも豊富でまさにオンリーワンのオリジナルソファーをお選び頂けます。

ブロックのようなモジュールを組み合わせるのでデンマーク発祥のLegoブロックのようです。

納品を終え、色のグラデーション、クッションの発色も空間にマッチし素晴らしいインテリア空間の完成となりました。