NEW KLIMAX EXAKT 350 ご試聴いただけます

2017.05.27

遂に入荷いたしました。
LINNのNEWモデル、KLIMAX EXAKT350KATLYST。
IMG_5466
革新的な進化をし続けるLINNのEXAKT SYSTEM。
昨年に発表されたDACアーキテクチャーの「KATALYST」搭載されたEXAKT350が遂に発売されました。
‘KATALYST DAC (カタリストDAC)’はこれまでLINNが発表してきた
D/Aコンバージョンを凌駕する新しい技術的な成果です。
linnka1

KATALYSTにより、揺らぎのない基準電圧を取得し、デジタルデータの最適化、最高に優れたマスタークロック、各セクション毎に独立した給電回路、そして超低歪のアナログ出力バッファにより、ノイズや音質劣化の影響を低減しアナログ信号の伝送を実現しています。

KATALYSTがもたらす極めて安定した動作により、真の音楽再生が実現しました。

サウンドクリエイトでは、つい先日まで最高のパフォーマンスを見せていたEXAKT KLIMAX350とNEW EXAKT KLIMAX350(KATALYST搭載)の比較試聴も可能です。
お気軽にご来店くださいませ。


ご納品例 更新いたしました。

2017.05.07

KLIMAX EXAKT BOX、アップグレードいたしました。

かつてのLINNのスピーカーシステムのフラッグシップモデルでありますKOMRI。
KOMRIをご導入頂いてからパワーアンプのKLIMAX SOLOをシングルアンプからバイアンプ、AKTIVへ、そしてEXAKT化へと、同じスピーカーが月日を重ね進化し続けていただきました。
IMG_5350
今回は更なる進化へとKLIMAX EXAKT BOXをKATALYSTへのアップグレードをご納品させて頂きました。
KLIMAX EXAKT BOXには各帯域へのDACが6つ搭載されていて、そのDAC全てがKATLYSTに変わるとなると・・・想像しただけでも素晴らしそうです。

アップグレードしたEXAKT BOXを接続するし早速ご試聴頂きました。
一聴して頂いた瞬間から、今まででも十分すぎるくらいと思っていたけど、ついこの間まで聴いていた音楽とは全く別物で、もともとAKTIV化で音離れは素晴らしかったが、実在感が増し、音離れが更に良くなり、立体的な音になって驚いた、とO様。
今までのアップグレードでも毎回驚かされたけど今回はそれに比にならないくらい圧倒されたと仰られました。
FullSizeRender
今回のアップグレードでDS音源だけではなくヘッドユニットに接続されているLP12とCD12の音も激変されたことにも大変驚かれておりました。

進化するLINNのテクノロジーには脱帽です、と仰って頂きました。
有難うございました。


5月GW LOUNGEイベント「ビスポークシューズと音楽」

2017.04.26

5月ゴールデンウィークの3・4・5日、LOUNGEで「ビスポークシューズと音楽」イベント開催いたします。
P1011534-e1493192381431-768x1024

知る人ぞ知るビスポークの名手、Alte Art代表の江川氏のコーナーがゴールデンウィークの3日間LOUNGEに出現。

実演や限定のプレタポルテ、コラボ小物や、サンプルセール品などもございます。
「ビスポークって、興味あるけどちょっと敷居高いなぁ」という方は、音楽聴きに来た振りして是非遊びにいらしてくださいませ!

<日時>
5月 3日(水)・4日(木)・5日(金)
14時ー18時
上記の時間、江川氏が常駐されています。

<場所>
SOUNDCREATE Legatoからご案内させて頂きます。
(ご存じの方は直接お出かけ下さい。)
新しい画像 (5新しい画像jioo新しい画像 (2新しい画像 (新し新しい新しい画

※SOUNDCREATE Legato
中央区銀座2-4-17
お問い合わせ 03-5524-5828

Men’s

新しい画像 (5jioo

新しい画像 (2新しい画像

Lady’s

新しい画 新しい画像 ( 新し 新しい

※写真は、デザインの一部です。
Alte Art  ウェブサイト


納品例 更新いたしました。

2017.04.22

タンノイ コーナーヨーク モニターレッド搭載 英国オリジナルキャビネット納品しました。

IMG_5204

タンノイのヴィンテージスピーカーをお探しだったA様。

当店のホームページをご覧になられて初めてご来店いただいたときに移動したてのコーナーヨーク オリジナルをご試聴いただき、一期一会のご縁となりご購入頂きました。

 

早速、ご納品にお伺いいたしました。

 

このコーナーヨークは15インチのモニターレッド搭載です。

モニターレッドはTANNOY Monitor Red LUS/HF/15-Lという正式名称で1957年にMonitor Silverからステレオ時代に合わせて誕生したアルニコ製のユニットがMonitor Redです。モニターシルバーの中音の密度にステレオ再生に合わせるべく上下の帯域を広げています。

1957年から67年までの10年間と長く作られていて、一般的には、センターキャップが飴色タイプ(最初期)とブラックタイプの2種類です。

今回、搭載のモニターレッドは飴色ではありませんが最初期に限りない近い貴重稀なユニットになります。

そして、なんといっても英国オリジナルのキャビネットです。

このキャビネットは1950年後期のものでリアのバッフル板にアッテネーターの開口がなくモニターレッド搭載時代のキャビネットになります。

モノラル時代のキャビネットですが製作時期も、ほぼ同年代のものになります。

IMG_5201

無事にセッティングも終えて・・・

 

先ずは、その年代のオリジナルキャビネットが故、何と言っても音の響きが素晴らしいです。

コーナーヨークから聴こえてくる音は、まるで楽器そのものです。

弦楽器や管楽器などのクラッシックも素晴らしいのですが、低域が軽やかで反応も良くジャズのスイング感なども見事に再現されます。

リスニングルームとのサイズ感も絶妙に良く、心地よいサウンドを奏でてくれました。