Vifa 使ってみました。

2016.12.08

IMG_4366

PIEGAやOCTAVEを輸入しているフューレンコーディネートが取扱いしているデンマークのBluetoothスピーカーブランド 「Vifa」
北欧らしいスタイリッシュなデザインとチャーミングさを兼ね揃えています。
素材にも拘りがあり、ファブリックはデンマークのテキスタイルブランドであるクヴァドラ社製でウール糸から正確に音を透過させるように特別に織られております。
このVifa、デザインはさることながら音が素晴らしくいいのです。
ユニットはフルレンジ×2、ウーハー×2が搭載されていてキャビネットはアルミ製で強固にできております。
この大きさでダイナミックな再生と音離れの良さは驚愕です。
IMG_4356
これは様々なシーンで使うことが出来ます。
アウトドアシーンなどで使うとき、良いスピーカーが今まで無かったのですが、このVifaならすべて解決。
焚火をしながらゆっくりと過ごす自然の中で上質な音楽を聴けました。
サウンドクオリティー、デザインとも優れモノの一台です。

三浦


スピーカー補修

2016.11.04

周りの皆から「手先が器用だね」と言われることがあります(嬉しい限り)。

自分でも細かな作業は得意な方、と思うときもあります。

根を詰めて作業をすることも好きなので、そんな特技?を仕事でも生かしてスピーカーの傷など素人ながら見様見真似で行ってます。

IMG_4160

先日、補修したのはJBL 101 Lancerの袴の部分です。

そもそもLancerの袴はパーチクルボードで出来ており脆く欠けやすくなっています。

今回は欠けが結構ありましたのでパテ埋めをしてから補修しました。

良く使うのは、木部用穴埋めパテと補修用クレヨンにタッチペンです。

 

IMG_4181IMG_4173

この補修用パテはエポキシタイプでパテを練ることでA,B材が混ざり乾くと硬質になります。

ただ、速乾ではないので今回はパテ埋めをして1週間、乾燥させました。

 

乾燥すると木材と同じくらいに硬くなるので普通のカッターだと平らに削りにくいので小刀タイプの刃の厚いステンレスカッターで削りました。

このカッターだと周りも傷つけずパテの部分だけ綺麗に削ることが出来ました。

ある程度のところでサウンドペーパーをかけフラットにしました。

IMG_4163 IMG_4168
最後は仕上げです。

袴の色は艶消しブラックで補修します。

塗料自体が元々もものと補修のものが違うので補修部だけ塗るとかえって目立ってしまうので、塗布したところを綺麗な布でふき取ったりしながら全体をぼかすように塗装してみました。

完成はこんな風になりました(ビフォー、アフター)
IMG_4162 IMG_4176

 

こんな感じで素人ながら行いましたが、自分でも、上手くいったと思ってしまいました。

日々の業務の中、こんな作業も行っております。

 

三浦


イベント準備中です

2016.09.25

IMG_3743
本日、15時からLINN PRODUCTS社から代表のギラード・ティーフェンブルン氏と同社テクニカルディレクターのキース・ロバートソン氏を招いてのイベントの開催をいたします。
IMG_3740
今回は何と言ってもNew KLIMAX DS3と新開発のDCAアーキテクチャーKatalystです。
LINNの最新技術に触れるチャンスです。
そしてNew KLIMAX DS3は随時店頭にご用意いたします。
新旧比較試聴も可能でございます。
是非、圧巻のパフォーマンスをご体感ください。

三浦


SALE準備中!!

2016.08.26

明日から始まる在庫一掃SALE。

IMG_3461

只今準備中です!!

IMG_3464

QUADRASPIRE のポールなども各サイズ大特価にてご提供致します。

勿論、Q4Dなどのセット品も!!

是非、お立ち寄りくださいませ。

お待ち申し上げております。

 

三浦