Wharfedale

Wharfedaleは1932年、ギルバート・A・ブリっクスによってイギリスのヨークシャー州で設立され、英国ではGoodman社と共にもっとも古いスピーカーメーカーとして有名です。

氏は音響学者としても有名で1948年にスピーカーの設計理論書を書き上げたり、スタンウェイ使いの名ピアニストであっとことも知られている。日本では20cm,30cm口径のフルレンジユニットが良く知られているが古い年代のシステムはほとんど知られていません。

Wharfedale W70 再入荷いたしました!!

2016.02.21

音も見た目も素晴らしい!!Wharfedale W70

IMG_3023

Wharfedale(ワーフェデール)はタンノイやセレッションと並ぶ英国の老舗スピーカーメーカーです。

歴史は古く1932年にギルバード・A・ブリックスによってイギリス ヨークシャー州で設立されました。

「Wharfedale」という名前は、ギルバード・A・ブルックの生家があった地区の名前からとったそうです。

ブリックスは「Loudspeakers: The Why and How of Good Reproduction」という理論書を出版する、音響学者でもありました。

1950年代中頃に往年の名機である「AIRDALE」を発売しユニットや外観の仕様が少しずつ変更なされながら1970年代初めまで生産されていました。

 

今回、再入荷してきましたのはWharfedale W70です。

こちらは、1950年代後期から発売されたのW70シリーズ最初期モデルになります。

このモデルは滅多に市場に登場しない希少稀なタイプです。

搭載ユニットはオール紙振動板タイプで30cmウーハー(W12)、25cmミッド(W10)、コーンツイーター(S3)の3way仕様になります。

ウーハー、ミッドレンジのユニットは布製の逆ロールエッジタイプで比較的対入力に強くまた経年劣化の少ないタイプです。

W70Cより口径の大きいミッドレンジを搭載しているためミッドレンジのカバーする帯域が広く中域に厚みがあるサウンドが魅力です。

 

このW70シリーズは同じモデルでも外装がシンプルなレクタンギャラータイプと、グレードの高い家具調モデルが発売されていました。

このシリーズからキャビネットの鳴き止めに砂をサンドイッチしたサンドバッフルと呼ばれるものが用いられています。

IMG_3024

最初期型モデルは、猫脚とエンクロージャーの淵の模様が特徴です、歴史を感じさせるデザインで現代ではこのようなデザインのものにはお目にかかれません。

ヴィンテージ感がとても出ていて、肉厚のあるウォールナット材や格子柄のサランネットが格調高いデザインを表しています。

もう60年も前の製品ですが、こんなに美しい状態の素晴らしいものは本当に珍しいと聞いています。

IMG_2983

ターミナル部、シリアルナンバーもしっかり記載されていて、とても綺麗な状態です。

 

◆只今店頭ではLINN MAJIK DSMとのシンプルな組み合わせで鳴らしています◆

Keith JarrettのBlame it On My Youthではピアノが凄く滑らかでベースのリズムが重なり、終盤にかけてのセッションが臨場感があふれ出します。

Chris BottiのLive in LondonのAve Mariaは、サックスのが伸びやかに朗々となり、Beethoven Piano Concertoなども小型のスピーカーながらスケール感がしっかりと出ます。

Diana Krallなどのボーカルも艶やかでしっとりと聴かせてくれます。

 

是非、美しいスピーカーをご試聴ください。

 

Wharfedale W70 販売価格:600,000円(税別)

 


ヴィンテージと現代スピーカーの聴き比べ

2015.10.30

またして登場いたします三浦です。
今回はレガートでヴィンテージと現代のスピーカーを試聴しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

とにかく先ずはお伝えしたいこと、レガートのDecca Decolaが素晴らしいのです。
レガートはサウンドクリエイト本店(5丁目のお店)の支店とLINN GINZAと業務を兼ねておりますが、お店のシステムやセッテイング、日々のことは基本レガートの竹田にまかせっきりにしていて、本店では私を含めてスタッフが現状のシステム状況など把握しきれていない恥ずかしい状況でございました。
今回の勉強を兼ねたTIMESを常時更新していくには、雨が降ろうと槍が降ろうと風邪をひこうとデートがあろうと?(これは疑問!?)毎日毎日欠かさずお客様へ向けて情報や今日あったことなどを伝えている竹田の協力なしでは成り立たないということであり、お願いがてらレガートでDeccaなどを改めて聴いて参りました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

先ずはDecca Decolaで何曲か聴いたのですが、音の良しあしを語る前に、Decca Decolaに対する、接する竹田の愛情が・・・カートリッジがDECOLA1、DECOLA2あり、その特性や、レコードを掛ける所作やアナログ盤の選曲にストーリがあり一連の流れが・・・これは既に竹田のDecca Decolaになっていました。
これには悔しい思いというか、本店でもこれ以上に負けないくらいに愛情、感情を持っていかないと、身が引き締まる思いでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さて余談、いや今まで書いていたことが本題かもしれませんが、試聴体験に戻りましてDecca Decolaですが、まずはバイオリンのデュオ、クラッシクバイオリストのユーディン・メニューインとジプシーバイオリストのステファン・グラペッリをカートリッジDECOLA1、2で比較しました。
DECOLAのカートリッジ1番はバイオリンの響きが良く50年も前に作られたとは思えないシステムで本当に聴いていて気持ちがよく音楽に没頭できる鳴り方をします。
2番は、それに加えてワイドレンジになり包み込まれるような聴き方が出来ます。
その後、竹田セレクトのアナログ盤をコメント付きで何枚か試聴。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

エンジンがかかってきた2人は、次はWharfedale W3をMAJIK DSMで試聴。
3wayのW3は特に空間再生が素晴らしいです。特にDSとの組み合わせは再生される音が圧倒的に静かなので、W3の特徴である空間再生力を最大限に発揮するように思います。
キース・ジャレットのPoincianaを聴いていたとき、「ん、なんかピアノの音が響きすぎる?」
一週間前にWharfedale W3の低域が出てきていてスピーカーの前を木で少し上げていたようですが、ここの数日間で秋めいて乾燥が進んでいる日々です。
響きが出すぎて、ピアノ曲などだとW3の良さの空間表現力が薄れてしまう感じ。
そんなことを話して「どうしようか」と迷うこともなく、困った時は「革だね!」と、上げた木に革を挟んでみました。滑らかな音になり、響きの気になるところは解消。抜けもよくなり、ピアノの実在感もより一層よくなりました。
改めてW3は空間表現が素晴らしい!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

本当にちょっとしたことでした。

Wharfedaleが良くなったので続いてAKUDORIKまで聴いちゃおう!と。
本店にもAKUDORIKは展示しているのですがレガートではMAJIK DS2で鳴らしています。
これがまた素晴らしい、ヴィンテージとは一味違う浸透力。音楽に吸い込まれるような音。
スーパー高性能ブックシェルフ、しかもフルアクティブでEXAKT。
贅沢すぎるシステムです。
この希少ヴィンテージと最先端テクノロジーのEXAKT SYSTEMの聴き比べは、それぞれの良さが明瞭に分かり、半世紀のオーディオの歴史がわかるかのようでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

温故知新のように古き良さと新しき良さを組み合わせることがいいと改めて分かったように思います。
こうなると次はDecca DecolaをOCTAVEやDSで鳴らしてみたくなりました。
やることがいっぱい!忙しくなります!!

****************************
お問い合わせは…
Tel/ 0120-628-166
Mail/ info@soundcreate.co.jp

SOUND CREATE
東京都中央区銀座5-10-6 第一銀座ビル7F
営業時間/ 12:00 ~ 19:00
定休日/ 火曜日 ・ 第2.3月曜日
HP/  http://www.soundcreate.co.jp/


Wharfedale(ワ―フェデール) W70とW4 AIRDALE

2012.09.19

ただいまWharfedaleの中でも希少な機種が、2種揃っています。
何度かふれたこの2機種ですが、今日はもう一度じっくり聴いてみましたので、ご紹介させていただきます。

Whafe-4

Wharfedale W70
50年代後期に販売されたのW70シリーズ最初期モデルで、これはめったに市場に出ないレアなモデル。
搭載ユニットはオール紙振動板タイプで30cmウーハー(W12)、25cmミッド(W10)、コーンツイーター(S3)の3way。
W70Cより口径の大きいミッドレンジを搭載しているためミッドレンジのカバーする帯域が広く中域に厚みがあるサウンドが魅力です。

このW70シリーズは同じモデルでも外装がシンプルな四角いレクタンギャラータイプと、グレードの高い家具調モデルが発売されていました。
このシリーズからキャビネットの鳴き止めに砂をサンドイッチしたサンドバッフルと呼ばれるものが用いられています。

最初期型モデルは、なんといってもこの猫脚とエンクロージャーの淵の模様。
とても格調高いデザインで、こんなに状態も素晴らしいものは珍しいと聞いています。

whafe-1sWhafe-21s

ウーハー、ミッドレンジのユニットはUTAHに似た布製の逆ロールエッジタイプで比較的対入力に強くまた経年劣化の少ないタイプです。

Wharfedale W4 / AIRDALE
ご売約済み

この W4 / AIRDALE は1950年代中頃から生産が始まりユニットや外観の仕様が少しずつ変更なされながら1970年代初めまで生産されていました。

このモデルは貴重な最初期モデル(オールアルニコ)で、以前入荷した【Wharfedale W3】と同じユニットで3way構成で使われています。
大きく違う点はウーハーキャビネットだけが独立したコーナー型の6角形になり、背面に複数のスリット式のバスレフポートが開けられています。

Whafe-3

ツイーター(S3)は真上向きですが、ミッドレンジユニット(S5)が2つになり正面上部左右サイドに斜めに後面開放型のように装着されています。そしてウーファーは30cmの(W12)で構成されています。

このように、実はこの2機種、ツィーターとウーファーは同じものを使っているのですね。

  S3                             W12
1620Back20Cover1Whafe-W12
ただ、エンクロージャーとミッドの種類と数が違うということで、音楽を聴いてみると、その違いははっきりと現れています。

(+ LINN MAJIK DSM)

MITSUKO UCHIDA“Beethoven Piano Sonatas”では、AIRDALEはピアノの最初の一音でハッとするような美音で、立体感がありました。Count Basie“Corner Pocket”の冒頭部のピアノも同じように音が立ち、それぞれの楽器が明瞭で低域の量感が感じられるので音場が広く感じました。
W70では、ピアノの音が滑らかで、Corner Pocketでは安定感のあるベースのリズムに、管楽器が重なって行くたびに臨場感溢れて思わず体が動いてしまいます。
Sonny Rollins“A Night At The Village Vanguard”、これは好みになると思いますが、AIRDALEのほうはサックスが際立ってくるのですが、W70は全体的に音がまとまっているのでそれに比べてしまうとAIRDALEが少しばらついたように聴こえてしまい、個人的にはW70が好きかな?と。
Eagles“Hotel California”は、AIRDALEはバスドラムが流れることなくしっかりとした張り感を再現していて、全体の演奏に溶け込む感じが印象的。量感たっぷりというのとは違って、これってすごくバランスが良いんだなぁと感じた瞬間でした。

ボーカルもいろいろ聞いてみましたが、Carmen McRaeのLIVE“New York State of Mind”は、AIRDALEが最高!ピアノと声の掛け合いが最初から最後まで素晴らしく、声の特徴が良く出ていて目前で聴いているような演奏に鳥肌が立ってしまいました。
W70はJacintha“Moon River”やFrank Sinatra“Let me try Again”。ボーカルが前にでてくる感じや、しっとりとした声の質感と余韻、声の響きが部屋全体に伝わってきて、もう言葉になりません。

Carlos Kleiber,Wiener Philharmoniker“Beethoven Symphony7-4”、CANTATE DOMINO“Bossi:Canate Domino”はW70でもこのサイズでクラシックのこのスケール感がでるなんて?!と驚かされましたが、奥行きがあってパイプオルガンもパイプオルガンらしい重厚感のある清々しい音色でヴィンテージスピーカーということを一瞬忘れてしまうほど聴かせてくれたAIRDALE。本当に素晴らしい。
ちなみに現代のポップスやロックはどちらも問題なし!

見た目も極上で、まずは見てそして聞いてみてください、以外本当はなにも言うことはないのですが…
ついつい、いろいろと感想を述べてしまいました。

ご興味ございましたら、ぜひお気軽に店頭でご試聴ください。

============
コチラの記事もご覧ください。
Wharfedale W4 AIRDALE 入荷しました
Airdale以前の製品、希少品のWharfedale W3
W70の後継機 Wharfedale W70C

****************************
お問い合わせは…
Tel/ 0120-628-166
Mail/ info@soundcreate.co.jp

SOUND CREATE
東京都中央区銀座5-10-6 第一銀座ビル7F
営業時間/ 12:00 ~ 19:00
定休日/ 火曜日 ・ 第2.3月曜日
HP/  http://www.soundcreate.co.jp/


Wharfedale W4 / AIRDALE 入荷しました。

2012.08.24

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE昨日、7Fにある3部屋の試聴室のシステムの
レイアウト変更&試聴機変更をいたしました。

今日はその中で、新しく加わったヴィンテージスピーカー
「Wharfedale W4 / AIRDALE」をご紹介いたします。

このW4 / AIRDALE は1950年代中頃から生産が始まりユニットや
外観の仕様が少しずつ変更なされながら1970年代初めまで生産
されていました。

今回入荷したモデルは貴重な最初期モデル(オールアルニコ)で以前
入荷したW3と同じユニットが同じ3way構成で使われています。
大きく違う点はウーハーキャビネットだけが独立したコーナー型の
6角形になり背面に複数のスリット式のバスレフポートが開けられ
ています。

ツイーター(S3)は真上向きですがミッドレンジユニット(S5)
が2つになり正面上部左右サイドに斜めに後面開放型のように装着
されています。
ウーファーハ30cmの(W12)で構成されています。

この絵のごとく、セピア色の風景を思い描く…。
ノスタルジックな音の中に、プラスアルファー何かがある。
唯一無二な、魅力的なサウンドです。
素晴らしきかな、ジョンブルサウンド!!

ファーストインプレッションは、
値段のつけようがないほど貴重なスピーカー!!!

Wharfedale W4 Airdale ご売約済み

********************

コチラの記事もご覧ください。
Wharfedale W70とAirdale試聴感想
Airdale以前の製品、希少品のWharfedale W3
Wharfedale W70の後継機Wharfedale 70C

AIRDALE

Wharfedale生みの父、ギルバート・ブリッグス氏
氏は音響学者でもあったそうです。

gilbertBRIGGS

****************************
お問い合わせは…
Tel/ 0120-628-166
Mail/ info@soundcreate.co.jp

SOUND CREATE
東京都中央区銀座5-10-6 第一銀座ビル7F
営業時間/ 12:00 ~ 19:00
定休日/ 火曜日 ・ 第2.3月曜日
HP/  http://www.soundcreate.co.jp/