ヤコブセン OXFORD CHAIR

2016.07.17

並木通りのLegato店にヤコブセンのオックスフォードチェアが入荷しました!

下記は、Legatoブログより抜粋・・。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ハイバックのワークチェアで、背もたれのカーブが優美。

今展示しているものは、ラインアップ中、最高品質のエレガンスレザーを使っていて、
ちょっと‥贅沢な一脚ですが、書斎でオーディオを楽しまれている方に、お勧めしたい逸品です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さて、この椅子が「オックスフォード・チェア」と呼ばれるSTORYを‥

この椅子の名前は、
かの有名な英国・オックスフォード大学からとっています。
ハーバードやケンブリッジと並ぶ世界トップレベルの大学‥
その程度の理解しかありませんが、世界で3番目に古く、
英語圏では最古の総合大学でもあります。
(ちなみに世界最古の総合大学は、伊ボローニャ大学。

イタリア好きとしてはなんだか嬉しい)

とにかく由緒ある、誰でもその名を聞いたことある、あの大学。

一方、「アルネ・ヤコブセン」、
デンマーク・チェアを見て3歩歩けば必ず行当たる名前。
デンマークを代表するデザイナーの一人です。

英国とデンマークって、なんだか結びつかないですが‥?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 少し時間を戻して、1962年。

オックスフォードのセント キャサリン カレッジが設立されました。
その建築の一切を任されたのが、建築家であり、デザイナーであるヤコブセンだったのです。

なぜヤコブセンが?

イギリスを代表する大学、いかにも自国のデザイナーを使いそうではないですか?

新しく建てられるセント キャサリンの計画にあたって、
当時の学長が、それまでの伝統に新しいものを入れたいと、
海外の設計者を投入しようということになったのだとか。

伝統は守るものですが、時に壊すことも必要ということでしょうか。

とにかく、このことから、学長はデンマークを訪問。
細かい経緯はわかりませんが、ヤコブセンが1957年に手がけた
ムンゲゴー小学校が大きなポイントになったのではないでしょうか。

この建築は、自然光を取り入れる工夫や中庭の使い方など、
そこで運動や勉強して育つ子供たちの過ごし方が、
よく考えられた設計なのだそうです。

この「オックスフォード・チェア」に話を戻すと、
ヤコブセンがデザインしたこの椅子は、もともと食堂の教授の座る椅子。
ハリー・ポッターなどの映画で度々、食堂のシーンが出てきて、生徒のテーブルの一番先頭に、先生が雁首揃えているテーブルがありますよね。(※)
あんな感じで、セント キャサリン カレッジでも食堂の前方に先生のテーブルというのがあります。
そのための椅子が、このオックスフォード・チェアの原型。

ハイバックは、教授の権威を表し、更に先生のテーブルは生徒より一段高いところに。
(※ハリーポッターのあの食堂は、オックスフォードのクライスト・チャーチの大食堂が使われているのですって!)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

当時のオックスフォード・チェアの脚部は、ウッドベースでしたが、

製品化された現在のモデルは、クローム仕上げ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 バックから座面、そして、足の方へと流れるカーブが、本当に美しい。

厚みの薄いところもデザインとして素敵ですが、
若干のしなりが、体に沿って長く座っても疲れないのでは?

このハイバックなら、自然に背筋も伸びて、
更には少し後ろにもたれれば、威厳も出る!?

このシリーズ、ロー・バック、ミディアムハイ・バック、ハイ・バックと背もたれに3種類の高さがあります。
私はこの、カーブが一番美しく感じられる「ミディアムハイ・バック」が
一番好きで、お店に置くことにしました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ファブリック、レザー共に様々な種類があり、
価格は、それによって変わり、337,200円〜653,400円(税込)です。

ハードワークな仕事人なら、そこで過ごす時間は長いはず。
仕事はかどる贅沢なら、きっと許されるはず・・