ピュアオーディオ

三重県にお住まいのN様のお宅。
写真のシステムは、
スピーカー:LINN AKURATE242 AKTIV
プレーヤー・プリ:MAJIK DS-I
パワーアンプ:4200×2台+MAJIK DS-Iの2ch部分を使用。
Exif_JPEG_PICTURE
MAJIK140とCLASSIK MUSICで段階を踏んでシステムアップグレードされたN様。
この写真は、MAJIK140AKTIVからAKURATE242 AKTIVへ変えたときのものです。
140AKTIVにされたときはDSも一緒に導入され、「TVつけるより、とりあえず音楽」になられたとか。
242 AKTIVでは今まで以上に透明感が増し、「透明度の高い湖の中で聴いている感じ」なのだとか。
「ホンマに上手な人の歌を聴きたくなってしまう」のだそうで、今は音源探しにご執心のご様子。
元々、コステロやイーグルス、クリエイトでもよくかけていたスウェーデンの歌姫KARI Bremnesなどをお聴きになられ、色々新しく探索されていらっしゃいましたが、美空ひばりなども聴きたくなった。ハイレゾは無いものか、とお話されていました。
(美空ひばりやフランク・シナトラは、鳴らすのが結構難しいのです)

ちなみに、このシステム構成は、このような感じです。

Exif_JPEG_PICTURE

中央がアンプ一体型のMAJIK DS-I。両端が、それぞれAKURATE4200。
AKURATE242は、4ウェイ5スピーカーですので、アクティブで鳴らすには、左右合わせて実に10ch分のアンプと10個分のAKTIVモジュールが必要です。
そうすると、通常なら5個のステレオアンプを用意しなければなりませんが、LINNのパワーアンプは、1台で2chから6chまでラインアップされているので、すごくシンプルにマルチアンプ駆動やマルチアンプAKTIVが可能なのです。
(N様が選ばれたAKURATEアンプ(200W)は、4chが最大。MAJIKアンプ(100W)は最大6chをラインアップしています)

MAJIK DS-Iのアンプ部2ch分を使い、4chアンプ2台で、10ch!
こんなにシンプルですが、スゴイシステムです。

Exif_JPEG_PICTURE

N様は、ご自宅のインテリアも、シンプルをテーマにこだわられており、ラックや家具もご自身でデザインされたものをお使い。
音楽が変わるたびに、お部屋がライブ会場になったり、ボーカルと対面したり・・・場所や時間を超えて、音楽を楽しまれているのではないでしょうか。

※LINN AKURATE242(パッシブ)は、店頭で常時ご試聴いただけます。

****************************
お問い合わせは…
Tel/ 0120-628-166
Mail/ info@soundcreate.co.jp

SOUND CREATE
東京都中央区銀座5-10-6 第一銀座ビル7F
営業時間/ 12:00 ~ 19:00
定休日/ 火曜日 ・ 第2.3月曜日
HP/  http://www.soundcreate.co.jp/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。