Legato店長の一言

今日は店頭に、お客様がLP12をお持ち込みになられ、KEELの取付です!

KEELは、船の「竜骨」を指す言葉。
竜骨とは、船首から船尾まで貫通して船全体を支える部分。
船首と船尾以外は底を通っていて、全容が見せません。
LP12のKEELもまさにそう。

組み上がった時に見えるのは、アームボードとアームカラーのみ。
ですが、実は「骨」と言うだけあって、ものすごく配慮された作りなのです。

素材はアルミ合金(ジュラルミン系)。
それを精密切削加工したのが上の写真「KEEL」です。

重量と重心が元々ついているサブシャーシ+アームボード+アームカラーのコンビネーションと同じにするために、裏側の凹みはそれぞれ深さが異なるのです。
一番分かりやすいのは、上写真右端の凄く浅いところとその隣。
こういうことがKEELの裏側全体において施されています。

これは元々ついているもの。
KEELを見た後で持ってみると少し驚きます。
重いんだ!と。
そう、KEELとほぼ同じ重さがあるんです。

取付るだけなら難しくないかもしれないですが、この後の調整は触り慣れたプロの腕に任せることをお勧めします。
調整については、また後日1話設けます。

さて、このまま2,3日お預かりして、お客様のお手元へお渡しするのは、夏季休暇前!
今しばらくお楽しみにお待ちくださいませ!

====================
<<<夏季休暇のお知らせ>>>
誠に勝手ながら、来週12日(月)~16日(金)まで夏季休暇を頂きます。
DSなど、ご不明な点はお早めにご連絡下さい。

コメントは利用できません。