NEWS

サウンドクリエイトお奨めのOCTAVEプリメインアンプが比較御試聴いただけます。
今週はOCTAVE三昧!!
ヴィンテージスピーカーから現代の最新スピーカーまで、あらゆるスピーカーに対応可能な、OCTAVEのプリメインアンプ
その魅力は多岐に渡ります。

真空管の持つ、中域の厚み、しなやかで繊細な中高域を活かしつつ、自社設計のPMZコアトランスにより
低域のドライブ力や解像度、グリップ感がずば抜けて高く、圧倒的なスピーカー駆動力で
あらゆるスピーカーが伸び伸びと鳴り始めます。
最近入荷したB& W803D3にV80SEを接続いたしました
IMG_2743

以前もB&W802DiamondとOCTAVEの相性は大変素晴らしく
OCTAVEプリメインでB&Wを鳴らされているお客様はたくさんいらっしゃいます。
B&W803D3は以前のDiamondに比べ中高域の浸透力が改善され、低域のレスポンスも格段に良くなっています。
まだまだエージング中の803D3は少し固めの音ですが、V80SEで鳴らしますと
V80SEのなんとも言えない色気というか、コクのある音色とぴったりはまります。
キースジャレットの《ケルンコンサート》の空間の広さが抜群の浸透力により素晴らしく、ピアノも生々しい!ムラビンスキーのチャイコフスキー悲愴も各楽器が滲みなく、大きなスケールで朗々と鳴りはじめました!

更に、BRODMANN VC1とV70SEの組み合わせも素晴らしい!
IMG_2744
大変スリムな形に、13cmしかないウーファー。朗々となるなりっぷりから、後ろのオートグラフがなっていると勘違いされる
お客様が沢山いらっしゃいます!!立体的で濁りの無いサウンド。まさに目の前で起きている様な演奏体験を感じて頂けます。

更に更に、V40SEとビンテージスピーカーJBLバロンとの組み合わせ。
IMG_2746
38cmのフィックスドエッジウーファーをハイスピードでスパッと抜けの良いサウンドは、特にJAZZ等は最高です。
マイルスのトランペットは脳天を突き抜ける良い意味で刺激的なサウンドです。

それだけではありません!LINNのスピーカーやBRODMANN,ヴィンテージTANNOYやJBL,PIEGA等々ご希望のスピーカーにて御試聴いただけます。お気軽にお申し付けください!

V80SE   ラインモデル ¥1.540.000税別
昨年、発売された最上位プリメインアンプ
最新設計の高出力真空管KT150をプッシュプルで採用し130W/chのハイパワーを実現!
余裕の電源部の効果も高く、あらゆるスピーカーをドライブ。
プリメインの枠にはまらない、緻密な描写力と抑揚を高い次元で表現します!

V70SE ラインモデル ¥830.000
出力管6550をプッシュプルにて70W/chの高出力
V80譲りの徹底的なシールドを施したシャーシや
PMZコアトランス採用により
ニュートラルでジャンルを問わない深い表現力が魅力です。
スピーカーに応じブラックボックス追加でさらに濃厚なサウンドが楽しめます。

V40SE ¥650.000
OCTAVEのエントリークラスのプリメインアンプ。
バランスに優れ、レスポンスが良く、スパッと抜けの良いサウンド。
真空管の魅力を活かしつつ、現代的な高S/Nを実現した
オールマイティーなアンプです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。