WORKS

10年以上のお付き合いをさせていただいているS様のご自宅、リフォームをお決めになられた際に、「いい音のする専用室」を・・・というご要望をいただき、天井、床、壁面、電源周りなど様々なご提案とS様のご要望を練り合わせて、めでたくリフォーム完成!
素晴らしいリスニングルームが出来上がりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

S様システム
専用ルーム その1 
スピーカー
LINN KOMRI (KLIMAX SOLOによるAKTIV駆動)
Sonus Faber Amator
Wave Control

プレーヤー
LINN CD12
LINN KLIMAX DS/K
LINN UNIDISK1.1

アナログプレーヤー
LINN LP12

フォノイコライザー
OCTAVE PHONOMODULE

プリアンプ
OCTAVE Jubilee Pre

パワーアンプ
OCTAVE MRE130

専用ルームその2
スピーカー
サウンドクリエイトオリジナル(Tru Sonic 120CX搭載)
Tru Sonic 80FR搭載モデル

アナログプレーヤー
LINN LP12

プリアンプ
Mark Levinson ML7
お知り合いの方が作成の300Bシングルアンプ

リビング
スピーカー
ALTEC CAPISTRANO(キャピストラーノ)

プレーヤー
LINN KLIMAX Renew DS

アンプ
LEAK
(写真には写っていません)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

なんと壁付けされたKLIMAX SOLO。
壁付用のアタッチメント発注の際、LINN UK本国でも「そんなに何台使うんだ!?」と驚かれたという話があるほど。
4ペアのKLIMAX SOLOの下に、KLIMAX TUNEBOX(AKTIVモジュール搭載)1ペアで、計10台のKLIMAXが壁面に!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お部屋は二面にシステムを組んでいらっしゃいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

奥のシステムは、ヴィンテージスピーカー。
1つのスピーカーに見えますが、これは別々。
下は、サウンドクリエイトオリジナルキャビネットにTru Sonicの120CX(30㎝同軸Ⅱウェイ)を入れたもの。
ちなみに、Tru Sonic社のスピーカーシステムで同ユニットを搭載したA100というスピーカーがあり、限りなくオリジナルに近い形で作ったものです。
音はオリジナルに比べるとキレ味があり、よりリアルなサウンド。
メーカーオリジナルと聴き比べて、こちらを選ばれたのでした。
この上に乗っているのは、Tru Sonicのオリジナルキャビネットに20㎝フルレンジの80FRを搭載したものです。
スピーカーの右下端に「Tru-Sonic」のSマークのロゴが見えます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

システムの音楽をコントロールする「頭脳」の役割、プリアンプはOCTAVE Jubilee Pre。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

S様は、「オーディオマニア」でもあるけれど、何よりも音楽がお好きなので、ソフトもたくさん!!
ソフトの数々は写真の引き出しタイプの収納家具に収められています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

グランドピアノがたたずむ奥に、S様曰く「音の出るサイドボード」。
ALTEC CAPISTRANOです。
これはめったにない逸品。
家具としても美しい上、伸びやかにかつキレ味よくなる音。
奥様からも「これはリビングに置いてOK」が出たとのこと。

S様はあまり飲まれないようですが、いらっしゃるご友人は、みなさんお酒もすすむ、すすむ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらはLINNのKLIMAX Renew DSで再生。
Renew DSというのは、KLIMAX DSの基盤アップグレード時に不要になる旧基盤をリサイクルし2台目のDSを作るという、LINNのアップグレードサービス。
実はものすごく贅沢なシステムになっています。

=============

S様のお宅に遊びに来られるご友人は、リビングの音ばかり褒めて、専用室についてはあまり言わない・・・のだとか。
確かにリビングは生演奏しているような、気持ちの良さがありますが、しかし専用室のKOMRIのなんとも自然で奥深い音!

派手な音や、目立った音を出すのは簡単です。
でも、実は前へ前へと「いばらない音」が一番難しい。
そして一番長く音楽を聴けます。

S様のKOMRIは、山脈に流れる小川のせせらぎや、森の中で髪をなびかせる一風、そんなことを連想させるほどに、有機的。
KOMRIが一音鳴ると、演奏された場所、時代がそこに在ります。空気ががらりと変わる。
でも、「リアル」とか「実在感」とか「現実」とか「ナマ」だとか、そういう言葉以上にそうである・・・、
とにかく「有機的」な自然な音なのです。

もちろんシステムはどれも素晴らしい、ですがこの音はきっとS様のお人柄のなせる「音」なのです。

****************************
お問い合わせは…
Tel/ 0120-628-166
Mail/ info@soundcreate.co.jp

SOUND CREATE
東京都中央区銀座5-10-6 第一銀座ビル7F
営業時間/ 12:00 ~ 19:00
定休日/ 火曜日 ・ 第2.3月曜日
HP/  http://www.soundcreate.co.jp/

コメントは利用できません。