BLOG

Electro Voice といえば、すでにサウンドクリエイト ラウンジに入荷して鎮座している パトリシアンⅣ が圧倒的な存在感ですが、1954年頃からリリースされていた Regency(リージェンシー)や、Aristcrat(アリストクラット)という人気の中型モデルがありました。

F149712F-DCD3-4F5D-90B1-719F754BB363今回 入荷したのはより小ぶりな Aristcrat(アリストクラット)。

SP12 /30cmウーファーに T35トゥイーターを同軸上に配置した  12TRX(30cm同軸2ウェイ)を搭載しています。

最高級機の The Patrician に使用されているスピーカーユニットをそのまま搭載した豪華な仕様なのです‼️2E35EB03-402F-474A-9BB7-692BA4FBCA83

9E92E5D0-DE9C-4692-A225-DCFBE4EF96FC比較的大きな箱のイメージがあるヴィンテージスピーカーの中、ひときわコンパクトに見える Aristcrat ですが、上位機種で38cm同軸2ウェイ搭載の Regency とはキャビネットの構造が異なります。

たっぷりと容積を確保した Regency に対して、Aristcrat は、クリプッシュホーン型に近いセミバックロードホーンの形式を採用していて、小気味の良い鳴りっぷりに加えて低域もしっかりと伸びています。

1950年代後半製で米松仕様のキャビネットは、風化した表面のみリフィニッシュし、フロントグリルはヴィンテージのデットストックのサランネットに貼り替え。ネットの枠は無垢の木材で作り直しています。

美しい佇まいと生々しいサウンド!

1950年代のスピーカーとは思えないビシッと決まる定位や深さを感じるスケール感、ヴォーカルの生々しさだけではない魅力があります。

JBL のバロン や ヴァイカウント を探している方は是非一度お試しください。

きっとお気に召すと思います。

63E1724E-A2D2-4AA7-A9C9-E00B985CA48F71B4064D-6EDC-47D8-ACE2-CE4CD524822C

コメントは利用できません。