ピュアオーディオ

発売後、お問合せの多いOCTAVE MRE220、サウンドクリエイトでもすでに何件かご納品しておりますが、先日PIEGA CL120Xをお使いのお客様のお宅に納品し、お喜びの声をいただいたので、ご紹介です。

20121126201320fe3

Y様システム
スピーカー PIEGA CL120X
プレーヤー LINN KLIMAX DS/1
チューナー LINN AKURATE TUNER
プリアンプ OCTAVE Jubilee Pre
パワーアンプ OCTAVE MRE220:今回のご納品
ラック Quadraspire VENT TWIN

お客様から感想をいただきました。

=========================

MRE220は音自体が大変立体的でかつ細部に至るまでの表現力が素晴らしく、音楽を聴くことが大変楽しくなります。
今まで使用していたアンプも非常によかったのですが220に比べると扁平に感じてしまうほどです。
そもそも自分が50年ほど前から聞いていたプリメインアンプは真空管のものでした。
昔聞いた音色に似た感じがして懐かしくもありますが、一音一音が生き生きとして大変リアルです。

192kHzのスタジオマスターで聴くと、ますます音源の優秀性が引き出されたという感じがします。
FM放送の実況中継番組もしくは実況録音放送はスタジオマスターの更に上をいきます。
ピアノの伴奏でソプラノ独唱を放送していましたが体に突き刺さってくるような相当すごい声が出ていました。
音に厚みとつややかさが加わって楽しみと感動を呼ぶ音です。

LINN RECORDSのベートーベンのピアノ協奏曲3、4,5などのオーケストラの音などは、MRE220になってから非常に重厚な音がでるようになりました。

セットしていただいた時よりエージングが進んで更にいい音が出ています。

=========================

ご納品した際も、いつものように立ったまま聴かれていましたが、あまりお話になられないY様の表情がとても嬉しそうだったのが印象的でした。
その後、このようなご感想をいただき、お勧めしたスタッフにとっても、嬉しい限り。

Y様は、PIEGAの音が本当にお好きで、以前はTC50をご使用でした。
CL120Xにアップグレードされてからは、120Xをいかに良く鳴らすかに焦点が絞られ、段階を踏んでアップグレードされてきました。
今回、MRE220がリリースされすぐにご案内させていただき、ご導入となりました。

クラシックを中心に、様々なジャンルもお聴きになられ、積極的にハイレゾリューション音源のダウンロードをされ、LINN RECORDSやHD TRACKSでは新しい音源も取り入れられ、良かった音源を私たちが教えて頂いている次第です。

****************************
お問い合わせは…
Tel/ 0120-628-166
Mail/ info@soundcreate.co.jp

SOUND CREATE
東京都中央区銀座5-10-6 第一銀座ビル7F
営業時間/ 12:00 ~ 19:00
定休日/ 火曜日 ・ 第2.3月曜日
HP/  http://www.soundcreate.co.jp/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。