ヴィンテージオーディオ

一年ほど前、オーディオを本格的にされたいとご来店されたのが、F様とDSとの出会いでした。
今では、DSを中心に、メインシステム&サブシステムでLINN、PIEGA、ソナスファベールなどでのミュージックライフを楽しまれています。

つい先日、F様と別のお話をしていた際に、
「TANNOYのヴィンテージって、何かありますか?」とのご相談。
DSが良くて、現代の最新のシステムとヴィンテージの組み合わせに興味があるとのことでした。

ちょうどその時期に、いつもお世話になっているアトリエJeTeeさんから、TANNOY完全英国オリジナル(モニターゴールド)が入荷することを聞いていたので、ご紹介させていただいたところ、お客様からも、「ぜひ聴きたい!!」とのことで、入荷したらアトリエJeTeeさんのアトリエで、ご試聴しただくことになりました。

イギリスから到着したその夜、無事に入荷したとの知らせに、当店スタッフはセッティングがてら聴きに行きたい!と
ぞろぞろとアトリエにお邪魔いたしました。

「…スゴイ。こんなに綺麗なの?!」素晴らしい外観、佇まい。

下記が、TANNOY完全英国オリジナル(モニターゴールド)の証明 だそうです。

①キャビネット右側裏に押されたスタンプ
201208111505545e8s
これは後期モデル(ゴールド入り最終型)の証拠。
ちなみに、初期モデルのゴールドにはステッカーが貼ってあるそうです。

②ホーン部分の2段階になった傾斜の1段階目が、ストレートではなく、ゆるやかな傾斜になっている。
20120811150553647s
音にも大きく影響していることを実感。尖りが無く豊かで大らかな鳴りをします。

③ユニットを止めているネジがインチの六角である。
20120811150810e9bs

④オリジナルのキャスターがついている
ボールキャスターで、物凄いスムーズに静かに動きました。

⑤天板の薄さ 
キャビネットはやはりオリジナルですから、響きの素晴らしさといったら!

⑥オリジナルのサランネット
かなり状態のよいサランネット。これももちろん当時のものでした。
P1000284s

TANNOY の完全オリジナルは、日本で20ペアに満たず、中でも状態のよいものは10ペアくらいだとか。
当時「家を買える」と言われたくらい、高価でなおかつ価値が高く、希少なものだったのです。

==主に試聴した曲 ==
・バッハ チェロ無伴奏(リプキン)
・CANTATE DOMINO
・アンナ・ネトレプコ(ソプラノ) 「オペラアリア」より数曲
・チョウ・キョンファ(ヴァイオリン)「Con Amore」より数曲

CANTATE DOMINO のオルガンは圧巻!!
足下まで埋まってしまう低域の漂いのなかに、声が入り、合唱が入り…、上から下まで美しく伸びやかで、大らかで豊か。
今回スピーカーを部屋の真ん中に置いて鳴らしているにもかかわらず、ヴァイオリンにしても声にしても、低域の響きが豊潤で、出てくる音に尖りやきつさが全く無いのです。

これ、コーナーに置いて壁に近づけたらどうなってしまうのだろう、というほど雄大な景色に。

バッハのチェロ無伴奏曲は、本物のチェロ以上に本物らしい胴鳴り。
響きが空気中に溶け込む感じが美しく、どの曲においても質感が素晴らしく良いのです。

こんなTANNOY Autographは聴いたことがありません…。
英国オリジナルとの差を感じました。

P10002914

P10002861s

****************************
お問い合わせは…
Tel/ 0120-628-166
Mail/ info@soundcreate.co.jp

SOUND CREATE
東京都中央区銀座5-10-6 第一銀座ビル7F
営業時間/ 12:00 ~ 19:00
定休日/ 火曜日 ・ 第2.3月曜日
HP/  http://soundcreate.co.jp/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。