Legato店長の一言

NuforceはICONもUDACもバージョン2となり、96kHz/24bit対応になりました。
ICON2は以前にもこの「一言ブログ」で取り上げたように、アンプの出力が24Wになり、音質面でも大きな変化となりました。
ではUDACは???

コインと比べてもこのサイズ。
ICON2同様、普通には見分けがつかないUDACですが、音は変わったんでしょうか?
UDACは元々、信号の受けと渡しのチップを1つのチップではなく、贅沢にも2つの仕事それぞれに分けております。こんなに小さい体なのに!
すでにそれだけの事が行われているんだから、後は96/24に対応したというだけで大して変わらないんじゃないの?と思っていましたが・・・。
全然違いました。
情報量がまるで違う。なんで!?
音数の多さ、音声の広がり、クリア度。どれをとっても2が大きく勝ります。
メーカーに聞いたところ、96/24に対応した事で、使用していたチップが今までとは別の物を使っているとのことでしたが、どんな銘柄の物を使っているかなど、Nuforceは公表していない模様。
当然と言えば当然でしょうが。
どこまでも行ってしまうNuforceなんですね・・・。

コメントは利用できません。